So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年12月末 最終回アニメの感想まとめ(1) C3、真剣で私に恋しなさい!!、マケン姫っ!、たまゆら~hitotose~、UN-GO [【終了】最終回感想まとめ]

000.jpg
終了したアニメをドーンと評価!

12月に最終回を迎えた作品の感想を、数回に分けて書いていきます。

以下、個人的にランク付け。
◎…かなり良い
○…良い
△…まぁまぁ
また、細かな点数付けも行なっています。

評価は辛口なところもあるのでファンの方はご注意ください。






◆C3-シーキューブ- (△)
001.jpg
声優に助けられた稚拙作

初回の印象からは良い方向へ変化したものの、
それでもアニメ化の意味があるのかと思えるような内容。
稚拙な印象を持たれがちなラノベだけど、
これはまさにそのままで、展開や設定にチープさしか見えてこない。
原作のレベルの低さが問題。制作は頑張っていたと思う。
人気どころの声優を使っていただけに勿体無かった。

ストーリー・・・2
キャラクター性・・・2
画・・・2
演出・・・2
音楽・・・3
総合的な評価・・・2

総合点・・・13










◆真剣で私に恋しなさい!! (△)
002.jpg
勢いの良さが目立った作品

エロゲ原作でそのスタンスも考慮すれば、ファンには楽しめる内容なんだろうなと感じる。
中盤、ほぼ語りだけで進む回は思いのほか楽しめたなと。
全体のノリは悪くないけれど、1アニメ作品としては突出した面白さは特に無かったかな。

ストーリー・・・2
キャラクター性・・・2
画・・・2
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・15









◆マケン姫っ! (△)
003.jpg
パンチラにグっと来ないのが残念

主人公の男が今ウケしない、なんでこんな奴が持てるの?系。
ハーレムモノとはいえ主人公の性格に嫌さを感じるのはマイナス点。
物語の展開も単調で面白さは見い出し辛い。

またお色気作品にも関わらず、バックショットからのパンチラに全然ムラムラしない。
とにかくそのお尻の描き方には違和感あったなぁ。

ストーリー・・・2
キャラクター性・・・2
画・・・2
演出・・・2
音楽・・・3
総合的な評価・・・2

総合点・・・13










◆たまゆら~hitotose~ (○)
005.jpg
ちひろが出てくるだけで泣ける

初回から泣かされ、毎回素敵なお話を見せてくれた作品。
全体的には良い空気感を持っていて、
人の優しさや癒やし系が好きな方にはお勧めしたい作品。

私的には終盤に向かって徐々に視聴意欲が減退。
特に最後2話の「私たち展」は今ひとつ。
よほど娯楽がない場所なのかと思えるその盛況っぷりには違和感あったなぁ。
それだけ地元での彼女たちの愛され具合は感じられるけれどね。

ちひろが出てくるだけで泣けてくるのは第1話のインパクトあっての代物。
電話の声だけでもグっときてしまう。
もし最終話がちひろ回だったら絶賛したと思えるほど。
ちひろは秀逸なキャラなので、次があればもっとちひろを!

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・5
総合的な評価・・・4

総合点・・・24










◆UN-GO (○)
004.jpg
因果のキャラが魅力的!

最初は「ギルクラ」に対するおまけ作品かと思ったけれど、ぐんぐん視聴意欲が上昇した作品。
不思議な世界観も惹かれる部分で、推理モノとしても楽しめる。
ストレートに理解できない部分もあるけれど、世界観で許せるのもまた良し。

そして何と言っても因果のキャラ。
掴みどころの無い不思議さに愛嬌たっぷり。
さらに豊崎さんの通常とは異なる声にも惹き付けられ、
それが2役とも変化するものだからファンには美味しい作品。
劇場版「因果論」が見たくなるほどだ。

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・21






以上、5本。まだまだ続きます。
その2→ 最終回アニメの感想まとめ(2)





【関連記事】
2011年12月末 最終回アニメの感想まとめ(1)
C3、真剣で私に恋しなさい!!、マケン姫っ!、たまゆら~hitotose~、UN-GO

2011年12月末 最終回アニメの感想まとめ(2)
THE IDOLM@STER、僕は友達が少ない、輪るピングドラム、WORKING´!!

2011年12月末 最終回アニメの感想まとめ(3)
Fate/Zero、ましろ色シンフォニー、ぬらりひょんの孫 千年魔京、ベン・トー

2011年12月末 最終回アニメの感想まとめ(4)
境界線上のホライゾン、侵略!?イカ娘、gdgd妖精s

2011年12月末 秋アニメのベスト賞を選ぶよ!








nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(6) 
共通テーマ:アニメ

nice! 26

コメント 6

ALONSO

『C3』は本当に酷いアニメだったと思います。個人的に「今まで視聴した中でも最低ランク」を行くかなと。良かったのは喜多村さんが歌う主題歌だけじゃないでしょうか?

『たまゆら』が終盤に向かって視聴意欲がなくなったのもわかる気がします。私も最初ほどパワーを感じなくなりサラッと流し見状態でしたから。どうしてああなった…。

『UN-GO』は最後まで良い意味でゾクゾクさせられた作品でした。以前お話しした通り脚本を担当するのが『鋼の錬金術師』『轟々戦隊ボウケンジャー』の會川昇さんというのも視聴する理由でもありましたけどね。
by ALONSO (2011-12-26 07:37) 

カルディア

ALONSOさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

『C3』、キタエリOPは良かったですね。
声優陣も豪華、演出も頑張っていた感じはするのですが、
いかんせん原作がつまらないという印象を受けました。
改変されたわけではないですよね~?

>最初ほどパワーを感じなくなり
最初はほんと良いお話で包まれたのに、
な~んか少しずつ題材が変な方向へ行っていた気がするんですよね。
最終回は作画もやばかったので、
制作サイドで揉め事でもあったのかなと邪推したり。

>會川昇さん
調べたら結構な経歴を持った方ですね。
甘く見ていた「UN-GO」がここまで面白くできたのは
やはり脚本家の腕が大きいなと感じます。

by カルディア (2011-12-27 01:32) 

凪

「たまゆら~hitotose~」につきまして,「やっぱちひろだよなー」と,レビューにいたく共感させられました。
何でしょう,改めて鑑みると,「悪くなかった,んだけど…」という,物足りなさは拭いきれません。期待が大きかった作品だけに,残念加減も一入ですね。

by (2011-12-28 21:37) 

カルディア

凪さん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

「たまゆら」はなんか勿体無かったですね。
いい空気は持っているのにお話がおかしな方向へ向かってしまったような。
中盤以降、視聴者が期待していた話作りが出来なかったのが敗因かな

by カルディア (2011-12-29 14:25) 

ピッコロ

こんばんは、ピッコロでございます。

このたびはお忙しい中、当ブログの企画に参加して頂いて本当にありがとうございました。集計に加えさせていただきました。

なお、今回の企画の集計結果の発表については、本日、3月30日(金)夜11時から放送ののネットラジオで行う予定でございますので聞いて頂けるとうれしいです。

詳しくはこちら→http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5711.html

どうか次の企画も参加して頂けると幸いです。それではこれからもよろしくお願いいたします。
by ピッコロ (2012-03-30 20:18) 

カルディア

ピッコロさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

こちらこそ参加させていただきありがとうございました。
そして集計、大変ご苦労様です。
次回もまたよろしくお願いいたします。

by カルディア (2012-03-31 22:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この記事のトラックバックURL: