So-net無料ブログ作成

氷菓 第8話感想 京アニが自主制作映画で再びテクを振う! そして碧ちゃんキター! [氷菓]

000.jpg
「この事件の犯人は誰だと思う?」

途中まで作られた架空の殺人ミステリー。
本物の死者は出さないスタンスの中で
こうして殺人事件を発生させてきたか、なるほど!
ゲストキャラもどんどん出てきて楽しくなってきた~!

第8話「試写会に行こう!」






001.jpg
「これを見て率直な意見を聞かせてほしい」

イリスって外人かと思ったよw
ゲストキャラ、2年F組の入須冬美(いりす ふゆみ)。
落ち着き系のゆかなボイスもいいね~。








002.jpg
「自主制作ならこんなものか」

手ぶれひでぇーw
ピント合うまで時間かかるし、セリフは棒だし...

まぁ、そこは自主制作っぽさを出すために極端に演出したんだろうね。
このこだわりは京アニらしいよ。
手ぶれやピンボケを自然に見せるには普段とは違う技術が必要だろうし、
『朝比奈ミクルの冒険 Episode 00』で見せつけたテクニックを
ここで改めて披露してきたなと。








003.jpg
「ちくしょう、誰が!(棒)」

廃館にやってきた男女6人、そのうち1人が何者かに殺された。
それにしてもかなり手ぶれが酷くて、見る人によっては結構酔うぞこれ。
チープな内容以前に、この見づらい作品を学祭で公開しちゃいかんでしょw

と、劇中のカメラマンにはブーイングだけど、
その下手さを演出する技術は凄いんだよね。
カメラマンがそこにいる感を出せているところとかが特に。








004.jpg
「見る者が見れば犯人を割り出すことが出来るはず」

事件発生までしか描かれていない未完成作品。
脚本家が倒れてしまい、犯人分らず完成できずに困っていると。

当然ながら奉太郎は乗り気なし。
けれど強引に参加させることなく入須先輩はすんなり引いてしまう。
なんとなくだけど、そこが先輩の作戦に見えた。

「女帝」と言われる人使いの上手さという里志の説明からも、
実はえるや奉太郎の性格を見据えて強制を促さず、
彼女ら自身が乗ってくるように話を運んだんじゃないかと推測してみたり。
入須を見る奉太郎の表情には、そこに気づいた雰囲気を感じたよ。








005.jpg
「江波倉子といいます」

碧ちゃんキター!
今回は悠木碧もゲストcvとして登場だ。
こうした落ち着きある根暗っぽいキャラも合うんだよね。
多様なキャラを演じてきただけあって、なんでもこなせるよなぁ。
碧ボイスによって普段以上に視聴テンションが上がる上がるw








006.jpg
「この3人が探偵役志願者です」

江場さん曰く、助監督、小道具、広報の男2人に女子1人。
この子どんな髪型なの? サザエさんなの?

今回から原作で言うところの「愚者のエンドロール」がスタート。
古典部4人のキャラクターを焼き付けたところで、
ゲストキャラをどんどん放り込んでくる展開は楽しめるね!




【過去ログ】
第7話「正体見たり」
第6話「大罪を犯す」
第5話「歴史ある古典部の真実」
第4話「栄光ある古典部の昔日」
第3話「事情ある古典部の末裔」
第2話「名誉ある古典部の活動」
第1話「伝統ある古典部の再生」







タグ:氷菓
nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 22

コメント 6

大林 森

氷菓はどうしても画面をじっくり見たいので、忙しい時は溜めてしまいますねえ。(*´ω`*)テブレ演出!ハルヒの時の手作り感と比較してみたいですねえ。(*´Д`*)
by 大林 森 (2012-06-14 18:02) 

ユリィ

こんばんは。

今回はストーリーも勿論ですが、ゲストキャラが気になりまくった!!!

特に江波倉子ちゃんっ!!((私はくらちゃんと呼んでますw
あおちゃん最高ー!!なんともいえないいいキャラだったなぁー。。レギュラー昇格希望ww
くらちゃんまた出るかな??
出てほしいマジでお願いしますw

入須さん(ゆかな)さんはかっこよかったです!本当に女帝って感じです。。私はあえて小説であった「テレジア」と呼びたいw

続きも楽しみなので今後に期待~♪
by ユリィ (2012-06-14 21:41) 

カルディア

大林 森さん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

手ぶれ感などのクオリティはハルヒ時のほうが上だったかなぁとw
ぜひじっくり鑑賞してくださいませ~

by カルディア (2012-06-14 23:56) 

カルディア

ユリィさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

ゲストキャラがどんと増えましたねぇw
加えてそのキャストが魅力的というのがテンション上がります。

>江波倉子ちゃん
くらちゃんw
倉子って名前はなかなか見ない覚えやすい名前ですね。
大人しいキャラ系の碧ボイスも良い!
次回は探偵役3人のほうが語り増えそうなので、
倉子もその場に参加した状態を望みたいものだなぁと。

by カルディア (2012-06-14 23:57) 

九竜一三

どうもこんにちは。
ハルヒは未見なので、比較してどうかはわからないのですが、下手さ加減はよくできていましたね。
カメラの動きを表現するために劇場内を3Dモデル化するとか、手間かけすぎ。(^^;
手ぶれ感に関しては、最近のビデオカメラは手ぶれ補正が普通についているので、以前ほどグラグラすることはない、という表現なのかもしれません(だとしたら細かすぎ)。

本作は『バークリー「毒入りチョコレート事件」への愛情と敬意を持って書かれました』と原作のあとがきにあるように、ちょこちょこと細工がされているように思います。
あやしげなチョコレートが登場しますし(初回で出てきたのにはビックリ)、江波倉子については「A.バークリー」をもじったんじゃないかと個人的に推測しております。

探偵役3人が同時登場というのは、アニメ独自の改変ですね。
原作に比べると、「なんて省エネ!」と思ってしまいました。
でもそうなると、残念ながら江波倉子の出番は減るよね……。

3人目の女子、沢木口美崎(CV:伊瀬 茉莉也)は、実はすでに2話で登場しています(本を借りた一人)。
一応、名前だけとは思うのですが、京アニのことですからどこかでモブキャラとして登場してるかもしれません。
髪形は一応シニョンということになっていますが、中華風のお団子頭とも記されています。
彼女、なぜか今後も、たびたび登場します。
by 九竜一三 (2012-06-15 10:49) 

カルディア

九竜一三さん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

下手さ加減が良かったですね。
特に廃館内で、本来ならカメラマンを感じさせてはいけないですが、
あえてそれを出しているあたりが凄い。

>江波倉子については「A.バークリー」をもじったんじゃないかと
これは当たりなような気がしますね。
ぜひもっと登場してほしいけれど、厳しそうだw

>アニメ独自の改変
それは楽しみです。
既読者も分らない展開があるほうがみんなで楽しめるなと。

>中華風のお団子頭とも
シニョンというネーミングを初めて聞いたw
なるほど、ポニテを丸く束ねた形をそう言うのか~。
見た目には3つほど束ねているように見えるので、
次回その全貌を確認したいw

by カルディア (2012-06-16 14:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1