So-net無料ブログ作成

おおかみこどもの雨と雪 見てきた! ネタバレなしレビュー [【アニメ】劇場版レビュー]

000.jpg
「自分の世界を見つけたんだ」

細田守監督の最新作がついに公開!
今回は泣かせる話になるだろうと期待は低めに持ったものの、
見終わった後のじわじわ感がたまらない。
もう頭の中は3人のことでいっぱいだ。

というわけで感想など。

※以下、極力ネタバレなしで書いているので
見ようか迷っている方は安心して参考にしてみてくださいな。




◆あらすじ
001a.jpg001b.jpg

狼の男性と結ばれて2人の子供を授かった人間の「花」。
生まれてきた子は人と狼のハーフであり、どちらにも変化できてしまう。
都会で育てるのは難しい。
そこで自然豊かな山奥の村で暮らすことになる。








◆本編感想
003.jpg004.jpg

端的に言えば親子の成長記。
これまでの細田作品にしてはインパクトが弱く地味な印象だった。

けれどね、丁寧なんですよ。
狼男との出会いから子供たちが生まれるまでもしっかりと描かれる。
感性の豊かな人ならここでの優しさ空間に涙腺が緩むほど。
この2人、いい恋をしているな~と。

あることがきっかけで母子3人となり、
狼の姿にもなれる子供では都会の風はとても厳しい。
人目を忍ぶように山奥へ引っ越し、自給自足。
そこでは子供たちの他愛のない可愛さ、母親の強さをぐぐっと感じる。
このあたりからの優しさに溢れた演出は、見ていてとても気持ちが良い。

ヤンチャっぷりを多いに見せる姉の「雪」、甘えん坊で大人しい弟の「雨」。
活発な姉は狼であることを好み、打って変わって人間のほうがいいという弟。
この真逆の2人がどのように成長していくのかが趣向の1つ。

女の子と男の子がそれぞれの道を歩み出す姿。
体だけではなくその心の成長っぷりに、見ている者をどんどんスクリーンに引き込んでいく。
人と狼の混血というファンタジー色を取り入れることで、
子供の成長をやや過大に表現することができるのも作品としての強味だ。

人の子の育て方すら初めての「花」の苦悩。
いつも笑顔で元気で優しいこの母親の存在が、とてつもなく大きいことも感じられた。

正直、まだまだこの優しさ溢れる家庭を見続けたくて仕方がなかった。
とはいえ最後の締めはこれで良いと思えたよ。








◆総括
005a.jpg

後引き感がハンパない。

雪と雨はその後どう成長するのか。
見終わっても妄想が頭を駆け巡るほど、ジワジワとその魅力が後に残る作品。

インパクトの強い作品は、一旦テンションを高めるが時間とともに冷めていく。
この作品は見終わった後はそれほどでもない。
けれど時間をおいても彼女たちのことを考えてしまうほどに
心に色々な思いを刻んでくれていることに気付かされる。

ストーリーは分り易く、端的に言えばシンプル。
しかし思い描いていた単純な展開でもなかった。

見る前はどうせ泣かせるんでしょ?と思ったものの、
決して力業ではない感激をもたらしてくれる。
ドーンとくる泣かし演出はないけれど、その分じわじわとやられる感じだ。
それが良い。
随所での「優しさ」にやられ、子供たちの成長にもグっとくる。
全体に暖かさを感じる作品。

アクション性は皆無なため10代には勧めない。
ファミリー向けでもなく、一緒に行った子供はきっと退屈すると思う。
逆に大人たちは目を真っ赤にして胸を締め付けられる。
全世代の子を持つ親、既婚未婚問わず、
30代以上の親の気持ちがわかる世代がターゲットになるだろうね。





【関連記事】
サマーウォーズ 試写会に行ってきた! ネタバレ無し 感想
時をかける少女 感想(ネタバレ無し)







nice!(29)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 29

コメント 12

ちょいのり

これは是非見たいと思います^^

by ちょいのり (2012-07-22 01:33) 

くま・てーとく

恋愛モノや子供の成長物語的なものは興味ないので、CM見ても全然見たいとは思わなかったんですが…ご感想を拝読したら何か見たくなってきたw
by くま・てーとく (2012-07-22 04:12) 

ちっぴぃ

自分も恋愛ものや成長物語にはそこまで興味はないですがその雰囲気が大好物のような気がするので来週見てみようと思います。ふんす!
by ちっぴぃ (2012-07-22 18:34) 

kotekoma

細田守監督ということで
結構気になっていました

レビュー見て
早速見に行きたくなりました!
by kotekoma (2012-07-22 21:46) 

つけめん

私も見てきました。

物語の後を考えるとこの家族がこの後どうなっていくのか、自分で勝手に想像しています。
by つけめん (2012-07-22 22:40) 

名無しの細川監督ファン

凄かったです。『ときかけ』『SW』をさらに上回る感動作。

映像方法は素人なのでよくわかりませんが、脚本は大好きです。

「失ったハッピーエンド」とでも言うのでしょうか、『ときかけ』と同じ。
最後千秋と別れてしまい、もうたぶん会えない、それでも前を向いて生きていく主人公にグッときます。
今回も、最終的に雨は花の元を離れて自然で生きる選択をし、花も「元気で生きて」と送り出す、この切なさが凄い。
『SW』はアクションは面白かったのですが、終わり方が今までのジブリ的というか、いかにもな感じが残念でした

13年間が2時間にまとまっているので、展開がかなり速く、その分目が離せなくて要所要所で泣けてきます。
もう1回観に行こうかな
by 名無しの細川監督ファン (2012-07-23 00:03) 

カルディア

ちょいのりさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

ちょいのりさんは好きかもしれませんね。是非。

by カルディア (2012-07-23 00:19) 

カルディア

くま・てーとくさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

自分も恋愛主体の作品や、子供の成長なんてと思っているタイプで
CMを見てもこれまでの細田作品のようには惹かれませんでした。
これは人を選ぶというか、年代を選びますね。

まったくハマらない人は本当に退屈だと思います。
なかなか勧めるには難しい作品ですねー

by カルディア (2012-07-23 00:19) 

カルディア

ちっぴぃさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

ちっぴぃさんの年齢だと退屈しそうな感じです。
ただ雰囲気は好きかもしれません。
とはいえ自分ほどは感激できない可能性があるため
そのあたりは踏まえておいてくださいね。

by カルディア (2012-07-23 00:19) 

カルディア

kotekomaさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

kotekomaさんの年代だとかなり退屈でつまらないかもしれません。
記事にも書きましたが若い人には勧められません。
ある程度年齢を重ねてこそ見える作品なので、
感激できない可能性があることを踏まえて下さいな。

by カルディア (2012-07-23 00:20) 

カルディア

つけめんさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

おお、ご覧になりましたか。
もう一度見たいというよりも先が見たいと思わせる作品ですね。
見守っていきたい家族です。

by カルディア (2012-07-23 00:20) 

カルディア

名無しの細川監督ファンさん>
コメントありがとうございます。

ハマる人とそうでない人がハッキリ分かれる作品ですね。
私的には『ときかけ』ぐらいの驚き感が好きですが、
このじんわり来る感じもたまりませんでした。

もう一度見たい感じもしますが、
子供たちの幼少の姿を見たら
今度は最初から泣いてしまいそうですw

by カルディア (2012-07-23 00:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1