So-net無料ブログ作成
検索選択

アニメ紅白歌合戦 Vol.2へ行って来たレポ! スフィアの司会GJ! 歌にトークに落語にうーにゃー! [【声優】LIVEレポート]

000.jpg
アニメ紅白歌合戦 Vol.2レポート!

ラジオ『ミュ~コミ+プラス』から生まれたライブイベント。
個人的なお目当てはもちろんスフィア!
その他の出演者にも興味があって参加。ってことでレポなど。



◆公演名
ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス preasents アニメ紅白歌合戦 Vol.2

●日時
2012年12月16日(日)開場 15:30 開演 16:30
国立代々木競技場第一体育館
チケット:6,800円
座席:南J(スタンドでは一番ステージに近いブロック(K&Lブロック無し))
ステージ:花道あり







◆前振り
001.jpg

002.jpg
オフィシャルTシャツは三色。
XSとS以外は売り切れだった模様。
タオルはすでにSOLD OUT。





003.jpg
004.jpg
005.jpg

スフィアのオリジナルTシャツとタオルはこの日のためだけの限定。
来たときは既になかったけれど、即効でSOLD OUTだっただろうね。
毎回思うけどスフィアのライブグッズのデザインは良いデキだよなあ。
色味も良いし普通に着られるレベル。







◆セットリスト

前座:『歌ってみちゃった選手権』
M1:NON STOP ROAD(スフィア)
オープニング
M2:時空ツアーズ~キャンディ ラブ[メドレー](竹達彩奈)
M3:はっぴぃ にゅう にゃあ(竹達彩奈)
M4:Spirit Inspiration(浅沼晋太郎)
M5:素晴らしき世界(浅沼晋太郎)
M6:あっぱれ!瞬間積極剤(かと*ふく)
M7:VERSUS(かと*ふく)
企画1:「変態音響監督」
M8:Black Holy(小松未可子)
M9:夏至の果実(小松未可子)
M10:現実という名の怪物と戦う者たち(高橋優)
M11:微笑みのリズム(高橋優)
M12:もえ落『演目:微レ存』(小林ゆう)
M13:流星飛行(羽多野渉)
M14:Blue Water(羽多野渉 ※カバー)
企画2:「140文字のハートストーリー」
M15:太陽日く燃えよカオス(後ろから這いより隊G)
M16:Super Driver(平野綾)
M17:PizzzzzzzA!!!!!!!(平野綾+ヒャダイン)
M18:アニソンメドレー(ヒャダイン+吉木りさ)
M19:DTのうたfeat.かよえ!チュー学(ヒャダイン+吉木りさ)
M20:世界は教室だけじゃない(吉木りさ)
M21:Believe(スフィア ※カバー)
M22:PRIDE on everyday(スフィア)
M23:DIRTY(ナイトメア)
M24:the WORLD(ナイトメア)
M25:アンバランスなkissをして(緒方恵美)
M26:残酷な天使のテーゼ(緒方恵美)
エンディング







◆感想

M0:前座『歌ってみちゃった選手権』

開演時間前に会場入りすると、すでにステージでは盛り上がりが!
番組内でリスナーから募集した素人二人(男女)の歌披露。
結果的に女子の方に票が集まったのは致し方なし。
この子、ちょっとだけあやちに似た感じだったね。



オープニング:
『エヴァ』の演出や語録をパロった映像に場内が笑いに包まれる。
結構良く出来ていてなかなかに面白いw
この映像によって次に誰が出てくるかがわかる仕組みだ。
さてトップバッターは誰かな?



M1:NON STOP ROAD(スフィア)『夏色キセキ』OP
スフィアキター!
いきなりのスフィア登場に場内割れんばかりの歓喜!
見渡すとスフィアやメンバー毎のライブTシャツが目立つので、
お客の大多数はスフィアファンなんだろうなという印象。
自分もその一人だけど。



M2:時空ツアーズ~キャンディ ラブ[メドレー](竹達彩奈)
M3:はっぴぃ にゅう にゃあ(竹達彩奈)

あやちの登場も会場を沸かせる。
新曲の『時空ツアーズ』を披露というありがたさ。でもこれアニソンだっけ?w
『迷い猫オーバーラン!』OPの『はっぴぃ にゅう にゃあ』。
本来は伊藤かな恵、井口裕香の三人で歌う曲だけれど、
ソロで歌うバージョンも存在する。これを持ってくるとは。



M4:Spirit Inspiration(浅沼晋太郎)
M5:素晴らしき世界(浅沼晋太郎)


【司会:吉田+寿】
ここで歌い終えたあやちと浅沼氏を含めて、司会の吉田氏と美菜ちゃんが登場。
スフィアは紅組司会として4人が交代で担当するとのこと。交代制いいね!
ステージに近い席とはいえ表情までは見えないため、
近くにある巨大モニターに映し出されるアップと交互に見ながらの観覧。
今日も美菜ちゃんはとても可愛らしい!

ここであやちが歌の最後で見せた「にゃ~」の振り向きポーズにスポットが当たり、
浅沼さん、吉田さんとやるはめに。
となれば当然上がってくるのは美菜ちゃんコール!
あやちと抱き合う美菜ちゃんとの2ショットの微笑ましいことw
そして見せてくれる振り向きからの「にゃ~」。
美菜ちゃん、ご馳走様です!



M6:あっぱれ!瞬間積極剤(かと*ふく)
M7:VERSUS(かと*ふく)

加藤英美里と福原香織のユニット。
福原さんは『咲フェス』で見たけれど、えみりんの生は初かも。
二人ともフリフリの可愛い衣装に身を包み、ステージ狭しと動き回っての歌披露だ。



【司会:吉田+豊崎】
企画1:「変態音響監督」
登壇者 / 戸松遥、竹達彩奈、羽多野渉、高垣彩陽、小林ゆう

ここで司会はあっきょにバトンタッチ。
スフィアのステージの時から気になっていたけれど、
この日のあっきょの髪型がすげー可愛い!
何て表現すればいいのかな。ツインテ?
まどか(鹿目)っぽい短いツインテで、形をがつっと固めている印象。

このコーナーは、リスナーから送られてきたセリフを
登壇者5人にそれぞれ言ってもらうという趣向。
一番手は戸松っちゃん、
モニターにでかでかと映されるアップがハンパなく可愛い!
あっきょも戸松っちゃんもたまらんな~と俺的ホクホク状態w

セリフは妹系が多く、一人一人に吉田氏が細かい指定を入れる。
あやちの時は「ランドセル背負ってる感じの年齢」との指示。
竹達 「お兄ちゃん、ファーストキスは1回しかあげられないんだよ」
場内歓喜w
豊崎 「私の妹がこんなに可愛いわけがない!」
言ってくれたぜw
「ゆいあず」タッグも良いなあ。
あやひの6歳(だったかな?)の幼女ボイスも良いデキだった!



M8:Black Holy(小松未可子)
M9:夏至の果実(小松未可子)
M10:現実という名の怪物と戦う者たち(高橋優)
M11:微笑みのリズム(高橋優)

M12:もえ落<演目 微レ存>(小林ゆう)

小林ゆうは落語を披露。
「アニソンぷらす」で一度見ていたので何となく予測していたり。
生だと迫力あるね。



M13:流星飛行(羽多野渉)
M14:Blue Water [カバー原曲:森川美穂](羽多野渉)


【司会:吉田+高垣】
吉田氏のリアル嫁が登場し、ゴーヤジュースを飲ませる一幕など。

企画2:「140文字のハートストーリー」
登壇者:加藤英美里、寿美菜子、浅沼晋太郎、豊崎愛生、福原香織

リスナーから送られてきた物語を朗読するという趣向。
えみりんのポニテってレアじゃないか?
美菜ちゃんもあっきょも衣装チェンジでこれまた可愛いこと!



M15:太陽日く燃えよカオス(後ろから這いより隊G)
こんなに元気に歌うあすみんを初めて見たよ。
衣装も可愛くてセクシーさもある。このあすみんは凄く良かった。

この作品、OP曲だけはホントいい。
場内、「(」・ω・)」うー! (/・ω・)/にゃー!」の大合唱。
全曲中、会場が一体になったコールはここだけだったのではと思えるほどw
これやってみたかったんだよね。ちょっとなにこれ楽しいw
ここでアニメ2期のタイトル『這いよれ!ニャル子さんW(ダブル)』の発表も。



M16:Super Driver(平野綾)
M17:PizzzzzzzA!!!!!!!(平野綾+ヒャダイン)

完全に俺の中でフェードアウトしてたけれど、
久々に生で見る本人はやっぱりちょっと変わっちゃったかなと。
二曲目が「ピザ」連呼のナニコレ状態な曲。
しかも衣装がヘソ出しのショーガール的な・・・うーんw



M18:アニソンメドレー(ヒャダイン+吉木りさ)
M19:DTのうたfeat.かよえ!チュー学(ヒャダイン+吉木りさ)
メドレーでは『日常』OP二曲が入っていて俺的に超沸いた!
「ワッショイ!」でジャンプを決めて満足w
二曲目はさっぱりピーマン。



【司会:吉田+戸松】

M20:世界は教室だけじゃない(吉木りさ)

正直、吉木りさって誰よ状態。
主観だけどヒャダイン曲があまり合ってない人材というか、
無理してる印象を受けたかな。



M21:Believe [カバー原曲:Folder 5](スフィア)
M22:PRIDE on everyday(スフィア)

スフィアキター!
序盤の一曲だけで終わるわけがない。
カバー曲だったのは残念だけど、スフィアが歌う姿はそれだけで高ぶる!
新曲の『PRIDE on everyday』は初の生披露。
これが見られただけでも来た甲斐あった!



M23:DIRTY(ナイトメア)
M24:the WORLD(ナイトメア)

M25:アンバランスなkissをして(緒方恵美)
M26:残酷な天使のテーゼ(緒方恵美)

サプライズゲストは緒方さん。
途中から全員がステージに集まっての大合唱。
戸松 「私、『幽☆遊☆白書』大好きなんです!」
緒方 「でも好きなのは飛影なんだろ?」

しっかり突っ込まれてるw



エンディング
出演者全員が一人ずつコメント。
浅沼 「こんな時、どんな顔をすればいいのかわからない」
緒方 「笑えばいいと思うよ」

まさか生で聞けるとはw
狙ったという浅沼氏、ナイスだぜ。

結果は紅組優勝。
男性客がほとんどだし、そりゃそうなるよねw







◆総括
『ミュ~コミ+』にゲスト出演するメンツを見ていればわかるけれど、
パーソナリティ吉田尚記の完全趣味で選ばれた出演者で構成されたライブ。

歌のみならずトークも楽しめる内容で、
声優好きの自分には企画も十分に楽しめたところ。

ダメ出しをさせてもらうと、
「それってアニソン?」とツッコミを入れたくなる選曲が多かったところ。
アニソンだけれど選曲が微妙だったりも。
客が求めていたものとのズレが大きかったという印象もある。

また、「紅白」と謳ってしまっている手前、男性陣も必要だけれど、
個人名義で歌を出している男性声優を呼ばないと成立しないんじゃないかな?
男性出演者やそのファンには申し訳ないけれど、正直全く沸かなかったです。
実際のところスフィアがいなかったら成立しなかったレベルだと思う。

それもあって、スフィアの司会交替制についてはGJ。
あっきょとあやひの対応の上手さはわかっていたけれど、
何気に美菜ちゃんが独特のテンポで上手く回していた姿に安心してみたり。
戸松っちゃんは基本オウム返し。司会向きじゃないのは知ってるのでそれでも良し。
それぞれ得手不得手があるのは当然なので、
もし次回があれば豊崎&高垣の交代制でもいいんじゃないかな。

スフィアファンとしては楽しめたけれど、
アニソンを堪能したい人にとっては物足りなさはかなりある感じだろうね。
比べるのも何だけど、改めてアニサマの素晴らしさを感じたところ。
約4時間半というボリュームは凄かったですね。







nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 14

コメント 8

ALONSO

今回のレポートを読んでいるとカルディアさん的には不完全燃焼気味…でしょうか(私だけそう感じているのかもしれませんが)

特定のファンの方だけが楽しめる、そういう気がしてならないです。実際に会場に行ったわけではない私にはこれ以上のことを言えませんが…。
by ALONSO (2012-12-18 12:46) 

NO NAME

アニソンを堪能するつもりだった自分は全く楽しめなかった。
吉田氏のリアル嫁が出てきた時点で頭にきて帰ってしまいました。
せめて太陽日く燃えよカオス(後ろから這いより隊G)の後に
帰ればよかった。
しかし 吉木りさはゴシックのOP歌わずにアニソンでもないのを
歌ったのか ひどすぎる
あと曲間の司会の時間が長すぎ


by NO NAME (2012-12-18 13:29) 

カルディア

ALONSOさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

明言はしていませんが不完全燃焼っぷりは伝わったようですね。
出演者多数のお祭りライブは、お気に入りの相手以外はどうしても沸き立ち辛い部分でもありますが、それでも内容が濃ければ十分に補完してくれるものです。
けれど今回に関してはスフィア以外の主演者において足りない部分を満たすほどではなかったかなと。
あくまでも主観ですが、同行者たちの感想からも似たような意見が挙ったので、おそらく同じように不完全燃焼さを感じた方も多かったのではないかと思えるところです。

by カルディア (2012-12-18 22:56) 

カルディア

NO NAMEさん>

アニソンといいつつもメジャーなアニソンが用意されていなかった印象ですね。
ちょっと古かったり知らなかったりな選曲で、盛り上がりに欠けたなと。
激しい曲を用意すれば盛り上がるんだろ?という浅はかな選曲にも疑問でした。

>リアル嫁
トークの最後で説明されるまで分からないという内輪ネタ。怒って帰るお気持ちもわかりますよ。
それと吉田氏の”自分も君たちと同じオタクだから”的な言葉をちょいちょい入れていたものの、嫁と娘がいるのをアピールしたら、それちょっと違うでしょという興醒め感も。
「アニソン」と謳うからには誰が見てもアニソン一色だったねと思えるような内容であるべきでしたね。課題の多く残る内容だったと思えます。

by カルディア (2012-12-18 22:57) 

NO NAME

初めまして
質問なんですが・・・緒方さんが1曲目と2曲目に言ったセリフってなんですか?聴きとれなかったので(-_-;)
by NO NAME (2012-12-19 21:13) 

カルディア

NO NAMEさん>
蔵馬の「風華円舞陣」だと思われます。
2曲目は覚えていないですねぇ。

by カルディア (2012-12-20 04:17) 

にっちゃん

落語をっ聴いているうちに眠くなってテンション↓
2時間くらいまではよかったけれど、それ以降は地獄。
結局、疲労感ばかりが終演後も残りました。だから、
2時間で帰ったとしたら、「いい紅白だったよ!」と言っていたかも。
緒方サンファンには悪いけど、萌え萌えの声優さんを期待して私は行ったため、
大スクリーンに映った緒方サンを見て、「悪役の女子レスラーか?」とビックリして、トラウマが残っています。

今回一番期待していたのは平野で、ずっと干されているという印象だったから、これが見納めなのだと、目に焼き付けようと思いました。
さようなら平野。
ところが、来年からCDのリリースやコンサートが目白押し、みたいなことを平野が言っていたので、ビックリしてガッカリ。

一番よかったのは、開始から3時間くらいに席を立って、タバコを吸いに行ったこと。これは斬新な体験でした。
そしてトイレに行ったら、長蛇の列。公演中なのに、ビックリでした。
by にっちゃん (2012-12-20 17:03) 

カルディア

にっちゃんさん>

ライブだけを楽しみにしてきた人には
落語やトークは余計に感じたところもあったようですね。
私的には声優トークも楽しみだったので、落語に関しても聞き入れられた感じです。
むしろ疑問を抱いたのは選曲でしょうか。

>萌え萌えの声優さんを期待して
できたら自分も女性声優さんだけのほうが良かったなと。
男性陣に関してはもっと印象に残った歌の方を、と。
紅白という括りが少々場違いな人を呼ぶことになった気もしますね。

緒方さんは数年前に写真で見て、その恰幅の良さに驚きました。
変貌を初めて見る人にはインパクトを与えたでしょうねぇ・・・
あーやは・・・うん、同じような感想かもしれません。
むしろなんで呼んだのかという疑問も。

by カルディア (2012-12-23 03:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: