So-net無料ブログ作成
検索選択

2014年6月 春クール最終回アニメ 評価まとめ 全21本!(1) 『一週間フレンズ』が楽しめた! [【終了】最終回感想まとめ]

000.jpg
終了したアニメの評価その1!

春クールに放映されて最終回を迎えたアニメの評価を、
点数とコメントを付けて数回に分けて書いていきます。

以下、個人的にランク付け。
◎…かなり良い
○…良い
△…まぁまぁ
また、細かな点数付けも行なっています。

※評価は辛口なところもあるためファンの方はご注意ください。




◆ニセコイ (○) [全20話]
001.jpg
シャフト演出がプラスに働いた

どことなく先が読めそうなラブコメながら楽しく見られた作品。
シャフト補正が掛かったことで画面に惹きつけられて飽きなかった。
結局誰が約束の相手だったのかは分からずじまいだけれど、
どの娘も可愛く描かれていて視聴意欲に繋がったなと。
何気にるりの存在も大きく、私的に気に入っているキャラ。
ED曲「リカバーデコレーション」が好き。

ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・4

総合点・・・23





◆デート・ア・ライブⅡ (△)
002.jpg
展開単調、新キャラもパワー不足

第一話から茶番めいた立ち上がりに不安。
八舞の話も必要性を感じ得ないほどに退屈で、ネタの枯渇が顕著。
一期は面白かったけれど正直それでもギリギリのラインだったので、
それを吹き飛ばすほどのネタがあれば二期もありだったはず。
けれどかなり減速してしまった感が否めない。
美九登場から少し上向きになったが少々引っ張りすぎか。
これで劇場版とはチャレンジすぎる。

ストーリー・・・2
キャラクター性・・・2
画・・・2
演出・・・2
音楽・・・3
総合的な評価・・・2

総合点・・・13





◆僕らはみんな河合荘 (○)
003.jpg
キャラよりも空気感で見続けた

ヒロインが寡黙なためか元気系が好きな自分にはいまいち萌えず。
しいて言えば腹黒な彩花が良い味だったなと。
序盤は話の広がりのなさに飽きそうかと思えたものの、
作品の空気感に慣れてくると不思議と見続けてしまったなと。

ストーリー・・・3
キャラクター性・・・3
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・18





◆悪魔のリドル (○)
004.jpg
殺伐とさせない空気感が見続けられた要因

クラス中が自分を狙う暗殺者と知りながら
普段は級友として接する姿は、作品自体を殺伐とさせない良さがあった。
弱くても明るさと頑なさを持った晴のcvに金元寿子を起用したのは正解。
暗殺方法が各自で単調にならなかったのも飽きずに見られた部分だなと。
見始める前はいずれ切る対象になるかと思っていたものの、
意外にもラストまで楽しく見られた作品。

ストーリー・・・3
キャラクター性・・・3
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・18





◆ブレイクブレイド (○)
005.jpg
ラストが消化不良だけれど毎回がワクワク

主人公の置かれた状況にまず惹きつけられるうえに、
戦闘面もワクワクさせられて毎回楽しめた作品。
陸戦型のロボしか出てこないながらも戦略や戦い方で見せてくれた感。
ジルグの最期は凄かったなあ。
デルフィングが様々な改修形態を見せてくれて戦況を一変していく姿に燃えたなと。
とはいえ、やはり最後はゼスと和解なり死別なりの決着が見たかった。そこが唯一の消化不良。
それともう少し詳しくシギュンのライガットへの気持ちも知りたかったなあ。

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・3
総合的な評価・・・4

総合点・・・22





◆一週間フレンズ。 (◎)
006.jpg
藤宮さんの可愛さに尽きる!

こんな純粋な笑顔を見せてくれる女子に出会いたかった!
そんな気持ちにさせてくれるほどに藤宮さんのピュアさが可愛い。
毎週の記憶消去をどう見せてくれるか不安だったものの、
日記で限りなく先週に近い状態に戻し、
かつ視聴者には細かなツッコミをさせないよう
毎回新たな展開を用意した流れは良かったと思う。
沙希も可愛く、一番の功労者だった将吾もグッド。
とにかく藤宮さんの一挙一動が本当に可愛かった。

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・5
画・・・4
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・4

総合点・・・25





◆健全ロボ ダイミダラー (○)
007.jpg
古臭さのない昭和なノリがグッド

ふた昔前のようなノリでありながら古臭さはなく、
大胆で気持ちのよいエロっぷりが良い塩梅。
途中で主人公交代という予測不可能な展開も新鮮で、
ロボの見た目の不可思議さもまた味だったなと。
終盤は多少ワンパターン化を危惧したものの、勢いでやり切った感。

ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・3
総合的な評価・・・4

総合点・・・21





◆マンガ家さんとアシスタントさんと (○)
008.jpg
cv早見沙織の足須さんがベストマッチ

やってることは毎回変わらないのに、
愛徒の憎めなさと足須さんの許容力もあって
トゲのない雰囲気のまま最後まで楽しめた作品。
足須さんの動じない姿勢、Sモードへの豹変を見るに、
cv早見沙織にしたのは大正解。

ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・19





◆ノーゲーム・ノーライフ (○)
009.jpg
数手先を読む頭脳戦に痺れる!

序盤はじゃんけんやカードにチェスと、今ひとつ微妙感があったものの、
ジブリールとの”具象化しりとり”から食い入る作品になった。
ワービーストとのオセロにおける空白の絶対的信頼、
そして何と言っても最後のFPSは素晴らしいに尽きる。
このレベルが維持できるのであれば二期も見たい。

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・5
音楽・・・3
総合的な評価・・・4

総合点・・・24





以上、9本。
続きます!
→ 2014年6月 春クール最終回アニメ 評価まとめ 全21本!(2)




【関連記事】
2014年6月 春クール最終回アニメ 評価まとめ 全21本!(1)
ニセコイ / デート・ア・ライブⅡ  / 僕らはみんな河合荘 / 悪魔のリドル /
ブレイクブレイド / 一週間フレンズ。 / 健全ロボ ダイミダラー /
マンガ家さんとアシスタントさんと / ノーゲーム・ノーライフ

2014年6月 春クール最終回アニメ 評価まとめ 全21本!(2)
エスカ&ロジーのアトリエ / ご注文はうさぎですか? / 犬神さんと猫山さん /
シドニアの騎士 / 蟲師 続章 / メカクシティアクターズ / それでも世界は美しい /
ラブライブ!第2期 / 彼女がフラグをおられたら / ブラック・ブレット /
ソウルイーターノット! / 弱虫ペダル



nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: