So-net無料ブログ作成

2016年 冬アニメ 最終回まとめ評価 全29本(後編) 『ハイキュー』、『ダイヤのA』、『落語心中』が高評価! [【終了】最終回感想まとめ]

000.jpg
終了したアニメの評価、後編!

3末に最終回を迎えた冬クールアニメの評価です。
点数とコメントを付けています。

以下、個人的にランク付け。
◎…かなり良い
○…良い
△…まぁまぁ
また、細かな点数付けも行なっています。

※評価は辛口なところもあるためファンの方はご注意ください。
※当たり前ですが見ていた作品のみです。


◆大家さんは思春期! (△)

世話好きの可愛いJC
視聴意欲はJC、それ一点。物語は普通。
ストーリー・・・1
キャラクター性・・・2
画・・・2
演出・・・2
音楽・・・3
総合的な評価・・・2

総合点・・・12



◆金田一少年の事件簿R [4クール] (△)

昔よりもトリックは質落ちか

※第2クールから再視聴
初回の九龍編がつまらなかったので一時的に視聴停止、
途中から再視聴したためすべてとは言えないが、
以前よりもトリックにワクワク感がなくパッとしなかった。
ストーリー・・・3
キャラクター性・・・3
画・・・2
演出・・・2
音楽・・・3
総合的な評価・・・2

総合点・・・15



◆ディメンションW (○)

作画良し、ミラが可愛い
現実にはない第4の次元軸ということもあり、理解しづらい回も。
乱暴に言えば普通のSFバトル劇であり、
次元軸Wの印象よりも特殊なコイルの争奪戦だったなと。
私的にはミラへの情が高まったキョーマとの
別れと再会を果たすようなラストを期待していたが
そういう物語ではなかったのは残念。
作画の良さとミラの可愛さ、キョーマのキャラ性で見続けられた感じ。
ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・20



◆ハイキュー!! セカンドシーズン [2クール] (◎)

夏合宿に青葉城西戦、燃えっぱなし!
東京合宿では梟谷主将の木兎、音駒主将の黒尾が良いキャラで
早くこの高校との公式試合を見てみたいと思わせるほど印象づけた。
屈辱を味わった宿敵、春高バレー決勝戦は息を飲む展開の連続。
及川の鬼畜サーブが放たれた瞬間の怖さ、動物的感性の狂犬、
目の前の強敵に必死に食らいついていく烏野。凄いこれ。
日向が放った最後の一撃はアングルと動きすべてに見惚れるほど。
制作スタッフもほんと素晴らしい仕事をしていたなと。
ストーリー・・・5
キャラクター性・・・5
画・・・5
演出・・・5
音楽・・・3
総合的な評価・・・5

総合点・・・28



◆灰と幻想のグリムガル (◎)

新米冒険者の始まりの記録
初心者PTの成長をここまで緩やかに見せる作品も珍しい。
ずっと初心者で、小さな成長を感じていく作品。
私的にはとあるネトゲでヒーラーを長くプレイしていた経験もあって、
神官(ヒーラー)が粗暴に扱われる様にツッコミを入れまくっていたが、
メリィ介入からはパーティの成長を静かに見守る姿勢に変化。
水彩調の柔らかに描かれる風景もまた見惚れる部分だったなと。
無防備なユメも良いが、メリィの正妻っぷりが印象的なラストに。
※ラジオも拝聴
冬クールのアニラジでは最高に楽しめた。
ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・5
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・4

総合点・・・25




◆ダイヤのA
 -SECOND SEASON-
[10cours] ※1期+2期 (◎)

毎回が見どころ過ぎる!
ここまで楽しめた野球漫画原作は久々だ。
1期から間を置かず2期の放送、さらに話数の延長もあって
トータルで10クールという長期戦。それが頷けるほどの面白さだった。
主人公を含め、周囲のメンバーやライバル校のキャラが立っており、
試合も熱く、見せるプレイも多数。
毎回どこかしらに見どころが用意されていたなと。
主役の栄純がエースでないもののここまで楽しませるとは恐ろしい。
ストーリー・・・5
キャラクター性・・・5
画・・・4
演出・・・5
音楽・・・3
総合的な評価・・・5

総合点・・・27



◆赤髪の白雪姫 2ndシーズン (○)

白雪の一途さが良い
少女漫画なので恋愛要素でライバル出現で揺れるかと思いきや、
そんな面は微塵も感じさせない白雪の一途さに好感。
てっきりオビあたりに揺らいだりするかと思ったけど
終始ゼン一途で気持ちいいほどの純愛劇だった。
何気に木々が良いキャラなのでもう少し掘り下げて欲しかったかな。
ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・4
総合的な評価・・・4

総合点・・・22



◆最弱無敗の神装機竜《バハムート》 (○)

ヒロインはアイリ
ハーレム系とはいえ主人公が女装もできる可愛い系、
そこに目新しさがあった。
正直言ってリーシャがヒロインの中で一番印象が薄い。
偽装恋人でクルルシファー、女装ルクスでのセリス回、
フィーちゃんは常に割って入ってきていたのでこの3人は印象強い。
とはいえ彼女たち以上に興味を引いたのは妹のアイリだ。
cv小澤亜李も手伝ってか最高にフックした。
ストーリー・・・2
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・19



◆てーきゅう 7期 (○)

7期にしてついに最終回

これほどハイテンションでかつ面白いショートアニメは
しばらく出てこないだろうと思える作品。
スタッフはもとより声優さんにも拍手を送りたい。
ストーリー・・・5
キャラクター性・・・5
画・・・2
演出・・・4
音楽・・・3
総合的な評価・・・4

総合点・・・23



◆魔法少女なんてもういいですから。 (△)

敵のいない魔法少女
終始、水着姿に悩んでいただけの作品だったなと。
敵がいないんじゃ盛り上がりもないよねえ。
ストーリー・・・1
キャラクター性・・・1
画・・・2
演出・・・2
音楽・・・3
総合的な評価・・・1

総合点・・・10



◆蒼の彼方のフォーリズム (△)

終盤だけ盛り上がった
キャラ面もバトル面でも盛り上がりはいまひとつ。
切るほどでもなかったので見続けていた感じ。
10話での真藤の練習参加、さらに晶也、
続いて先生まで出てきたところで面白くなり、
ラストは勝利で綺麗に締めたので終わり良ければという形に。
ストーリー・・・2
キャラクター性・・・3
画・・・2
演出・・・2
音楽・・・3
総合的な評価・・・2

総合点・・・14



◆無彩限のファントム・ワールド (○)

京アニが萌えを探っていた作品か
ファントムという特色はありつつも、
その根底に美少女キャラを使った模索があったように思えた。
ロリっ子メルヘン回、猫耳にゃん語尾回、演劇回など、
ひとつずつ見れば他作品でも似通ったネタは使われてきている。
顕著なのはルルの巨大化、晴彦のショタ化など、普段と違うギャップ萌えを狙う回。
これも古くからある変身ネタだ。
一見、オリジナリティのある設定だが、
実は京アニはこの作品を使って現在何がウケるのかを
図っていたのではないかと思ってみたり。
ちなみに私的に楽しめたのは第八話の猿温泉回。
お色気と笑いのバランスが良かった。
※ラジオも拝聴
ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・5
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・21



◆ファンタシースターオンライン2
 ジ アニメーション
(○)


現実というギミックは驚きも
序盤を生徒会長のキャラで惹きつけたのは上手かった。
PSOの世界が現実だったという点にはゲーム原作で大胆な仕掛けだなと。
しかしラストが残念というか、
名前呼んだだけで救出できるのはさすがに単調すぎるなと。
マトイの活躍も中途半端だし、司令は参戦しないの?状態。
もう一歩ひねった戦闘終焉が見られたなら評価が上がったところ。
ストーリー・・・3
キャラクター性・・・3
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・18



◆だがしかし (○)

駄菓子はおまけのキャラ萌え作品

正直、面白いかと問われれば実のところそれほどでもないが、
残念系のほたるの言動と巨乳、ちっぱいが武器となったサヤ師。
二人の女子キャラで持った作品だなと。駄菓子はおまけ程度。
サヤ師のタンクトップ&ミニスカでのけん玉はかなり良かった。
ストーリー・・・2
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・19



◆昭和元禄落語心中 (◎)

落語を知らずとも楽しめる力作
見る前は落語かぁと一話切りも視野に入れていたものの、
第一話から物語と演出力に引っ張られていきなり視聴意欲アップ。
その後は八雲の名を継ぐまでの過去編メインとなる内容だが、
真逆すぎる菊比古と助六とのタッグが非常に好感で毎回が楽しみに。
安心感とハラハラの緩急ある展開に引っ張られ続け、
十話のラストで小夏の声を耳にした瞬間、
初回では見えづらかった関係性がズバッとハマってここで繋がるか!と。
昭和中期の時代背景もまた興味をそそられる要因で、
そうそうたるエヴァ声優陣による至高の演技も見どころだった。
ライバルであり親友、言葉にすれば簡単だけれど
それを視聴者にしっかりと植え付けるだけの力のある作品。
ストーリー・・・5
キャラクター性・・・5
画・・・5
演出・・・4
音楽・・・3
総合的な評価・・・5

総合点・・・27




以上、15本! トータル29本!

今回、◎評価を付けたのは7本。
『このすば』、『僕街』、『うたわれ』、『ハイキュー』、『グリムガル』、『ダイヤのA』、『落語心中』。
29本中7本は、なかなかに多い。
秋クール終了組がパワー不足だっただけに
それを補うだけの良作品が冬クール終了組にはあったと思える。

●ファンタジー作品が健闘!
『このすば』、『グリムガル』のファンタジー作品が目立っていた印象。
どちらも異世界ファンタジーではあるものの、片やギャグ、片や辛辣であり
双方まったく趣向が異なれど、アニメファンにしっかり印象付けてくれた作品。
最近はオリジナル作品よりもラノベ原作のほうが質の高さが窺えるようになり、
ラノベだからテンプレだろうという偏見を持たずに視聴していきたいところ。
まあ実際のところテンプレなんだろうけれど、
アニメとして制作の手が加わることで変化もあるわけで、
数年前と違って粗雑に扱われていない印象があるんだよね。
その作品の特色に合わせて作られるようになってきたので良い傾向だなと。

●今期のずきゅーんNO.1シーンはここ!

『最弱無敗の神装機竜』第7話

「兄さん最低です!」:アイリ(cv小澤亜李)
たまらんです。




【関連記事】
2016年 冬アニメ 最終回まとめ評価 全29本(前編)
この素晴らしい世界に祝福を! / ルパン三世 新シリーズ /
ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ / アクティヴレイド -機動強襲室第八係- /
少女たちは荒野を目指す / 僕だけがいない街 / おじさんとマシュマロ
おしえて!ギャル子ちゃん / ヘヴィーオブジェクト / 紅殻のパンドラ
ブブキ・ブランキ / うたわれるもの 偽りの仮面 /
ナースウィッチ小麦ちゃんR / 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

2016年 冬アニメ 最終回まとめ評価 全29本(後編)
大家さんは思春期! / 金田一少年の事件簿R / ディメンションW
ハイキュー!! セカンドシーズン / 灰と幻想のグリムガル /
ダイヤのA -SECOND SEASON- / 赤髪の白雪姫 2ndシーズン /
最弱無敗の神装機竜《バハムート》 / てーきゅう 7期 /
魔法少女なんてもういいですから。 / 蒼の彼方のフォーリズム
無彩限のファントム・ワールド /
ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション / だがしかし / 昭和元禄落語心中



nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 20

コメント 2

ガッツ

こんばんは。
こちらも続けていくぜw

>灰と幻想のグリムガル (◎)
パーティが成長していく姿を非常にスローテンポながら、着実に進めていく感じがよかった。
ヤバそうな気配はしていたものの、マナトが犠牲となりパーティがどうなるのか、どう立て直していくのか、ここからが本当のスタートなんだなと思える展開が引き付けられましたね。
マナトの後任として入ったメリィは最初まったく心を開かず、どうしたもんかとなったところでメリィの過去も明らかに。
お互い大切な仲間を失った者であることを理解して歩み寄りを見せていく描写は「よっしゃきたあああ!」って感じでしたw
マナトの仇のゴブリンを倒した後は、サイリン鉱山でのメリィのかつての仲間との戦いもあって、メリィの方にもきっちりけじめをつけていったのも良かった。
なんというかここからが面白くなるんじゃないのか!っていうところで終わってしまった感じがありますねw
序盤シホルはマナトで、ユメがハルヒロなんかな?と思っていたらメリィさんのあの正妻感。ごちそうさまですわw
個人的にはハルヒロの師匠バルバラ先生(CV能登さん)も良かった!
最近の能登さんはドSなセクシーお姉さんな役が多くて良いなぁw
あの声で責められるのはゾクゾクするわw

>最弱無敗の神装機竜《バハムート》 (○)
ルクスの女装バージョンEDで笑ったw
完全に好みのとこなのかなと思うんですが、やっぱリーシャが好きだったなぁ。
確かに他のヒロインのエピソードにちょろちょろフェードインしてくるイメージばっかりなのは残念なんだけどw
でもお腹の焼き印というエロアイテムは結構有効に機能してたと思うんですよw
そうか~カルディアさんはアイリか~。
セリスかなぁと思ったんだけどw

私はこのほかにプリンス・オブ・ストライドオルタナティブが面白かったですね。
正直最初は女性向けのイケメンアニメだろうと思ったのですが、見てみたら意外な面白さ。
街中をコースにして駆け抜けるストライドというスポーツを題材にしていた新鮮さもあって、かなり楽しめました。
by ガッツ (2016-04-23 19:45) 

カルディア

ガッツさん>
こんばんは。コメントありがとうございます。

>ここからが面白くなるんじゃないのか!っていうところで
新パーティとして絆が強まってこれからだという感はありますね。このスローテンポ、ファンタジー冒険活劇とはいえこうした切り口もあるんだなと。そこを飽きさせずに見せたのもまた良かったです。

>セリスかなぁと思ったんだけど
それたぶんISの頃の印象が残ってるかとw この手の作品を数年見続けてくれば趣味趣向も変わってくるものでw まあアイリは亜李ボイスという面も大きな加算点ですね。また最近気づいたというか、このクールを含めてここ最近では紫(薄紫)の髪色の娘に惹かれる傾向が強いなと。そういう色の娘はわりと控えめ系な性格? そのあたりの趣向も数年経って変化したようですw
by カルディア (2016-05-12 03:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0