So-net無料ブログ作成

2017年 夏アニメ 最終回まとめ評価 全18本!その2 『NEW GAME!!』、『メイドインアビス』が高評価! [【終了】最終回感想まとめ]

000.jpg
終了したアニメの評価、後編!

最終回を迎えた夏クールアニメを点数とコメントを付けて評価しています。

以下、個人的にランク付け。
◎…かなり良い
○…良い
△…まぁまぁ
また、細かな点数付けも行なっています。

※評価は辛口なところもあるためファンの方はご注意ください。
※自分が見ていた作品のみです。


天使の3P! (○)

くーちゃんが視聴意欲
ロリコンど直球な作品でキャラクターは可愛く、個人的にはくーちゃん(そら)が一番好み。
ただ主人公がいまひとつ気に入らないのと、学校での三人の立ち位置に不満がある。もう少し普通にクラスに溶け込んでいても良かったんじゃないかと。
RO-KYU-BU!声優5人が出演するなど『ロウきゅーぶ!』で沸き立った視聴者にはサービスあって楽しめた。特に伊藤かな恵の変わらぬ立ち位置や、日高里菜のツンデレ妹にはたまらないものがある。
ロリキャラに対する規制も徐々に厳しくなっているだろうけれど、もっとニヤニヤできる展開も欲しかったというのが本音。
ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・2
演出・・・3
音楽・・・4
総合的な評価・・・4
総合点・・・20



NEW GAME!! (◎)

ねねっちは天使!
とにかく作品全体を覆う空気感が良い。一期同様に演出力で引き込まれながら癒される良い仕上がりだった。
高みにいる先輩コウに対して敗北を味わいながらも前向きに成長していく青葉、キャラコンペのようなシリアス調も決して鬱展開で見せない工夫がなされていたのは上手い作り。
特筆すべきはねねっちのプログラム技術の習得。頑張る姿に素直に凄いと思わせつつもホント可愛らしいんだよね。特に11話でツバメとぶつかりながらも相手を評価する姿に、人としての器の大きさすら見せる。この作品の癒やしキャラはねねっちで間違いない。
コウが旅立ち、後輩を得た青葉が今後どう成長していくのか楽しみだ。
ストーリー・・・5
キャラクター性・・・5
画・・・4
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・5
総合点・・・27



メイドインアビス (◎)

可愛い見た目、死と隣り合わせの冒険
未知の探索はそれだけでも心をくすぐられる。異型の生物、不可思議なルール、そうした独自の設定が興味を煽ってくる。
上昇負荷ルールは無くても良さそうだけれどこういうの大事。現実世界にはないシステムをガツンと1つ設定されているだけで面白味が増すんだよね。それによって実体験できない視聴者に対してアビスという大穴の危険性をより演出できる効果もあるからだ。
デフォルメされたような可愛いキャラだがグロさもあって、そのギャップも目が離せない要因になったと思う。一層ごとが短いため早く先に進んで欲しいという気持ちを汲んだ作りも良かった。
ストーリー・・・4
キャラクター性・・・5
画・・・5
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・5
総合点・・・27



てーきゅう 9期 (△)

ギャグもさすがに失速か
9期ともなるとさすがに慣れもあるためよほど上手い作りでないとギャグも映えなくなってくるのが痛手。とはいえめちゃくちゃ加減がてーきゅうのウリでもあるのでこのノリでいいのかも?って感じすらある。
ストーリー・・・2
キャラクター性・・・3
画・・・2
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・2
総合点・・・15



ようこそ実力至上主義の教室へ (○)

主人公が視聴意欲に
ポイントシステムによるクラス対抗の知恵合戦、からの学園への逆襲みたいな流れになるかと思いきや、主人公の知恵で学校からの課題を乗り越えていく作品だった。周りがわちゃわちゃしているので、淡々とした主人公が逆に好感触。その良さが回を重ねるごとに見えやすくなってくる感じ。いわゆる学園推理モノで主人公がひっそりと解決しちゃう的な。そういうの好き。
ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・4
総合点・・・21



アクションヒロイン チアフルーツ (△)

ノリと趣向は悪くない
設定は面白いけれど序盤でどんどんキャラが増えすぎて一人ひとりの特徴が見えづらくなったのは痛手。劇団なので人員は多くなるとはいえ、もう少し圧縮できなかったものかなと。シナリオにしてもつまらなくはないがもうひと押し感がある作品。
ストーリー・・・2
キャラクター性・・・2
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3
総合点・・・16



ゲーマーズ! (○)

すれ違い恋愛劇
明るいノリは良いけれど、思い違いによる見え透いたすれ違いが非常に苦痛だった。嫌いじゃないが視聴意欲が下り坂、そんな調子で中盤まで続く感じ。唯一の意欲は金元寿子ボイスによる花憐のリアクションが楽しかったこと。8話以降、ようやくスレ違いもゆるくなってきたところで心春cv桑原由気の登場によって視聴意欲上昇! 半生ゲームでめっちゃ笑った。最終話の課金トークも楽しめた。
ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・3
音楽・・・4
総合的な評価・・・4
総合点・・・22



境界のRINNE 第3シリーズ  [2クール]   (○)

ついに母親登場の三期
3期では占い師の姉祭と、りんねの母乙女の登場が見どころか。乙女が子供の姿に転生しているという点は面白いが、母親という立ち位置だけに親父レベルの絡みの多さを期待したがまだ存在としては薄いかな。姉祭のほうが厄介事を持ち込むドタバタ劇になって面白い。
真宮桜との仲がもう少し進展あると嬉しいけれどそこは高橋留美子なのでまだまだ平行線なんだろうなあ。
ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3
総合点・・・19



僕のヒーローアカデミア 第二期  [2クール]   (◎)

緩やかなる成長
ヴィランとの戦いよりも、授業を介して生徒が各々切磋琢磨する姿のほうが個人的に好み。そんな期待に応えるかのように体育祭からのスタートは俄然テンション上がった。
職場体験ではもう少し出久が成長するかと思っただけに少し肩透かし。人気作ゆえなのかあえて格段のパワーアップを避けたのかなと。まだまだヴィランたちとタイマンを張るには個々の生徒たち強くない。その成長速度が良くも悪くも展開次第といった感じか。もっとドンとくる成長を見たいところだ。
全体的には2クール毎回ワクワクできたし生徒ひとりひとりを印象付ける形に仕上がっていたと思う。
ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・5
音楽・・・3
総合的な評価・・・5
総合点・・・25



以上、全18本!

今回、◎評価を付けたのは7本。
『異世界食堂』、『賭ケグルイ』、『ナイツ&マジック』、『プリンセス・プリンシパル』、『NEW GAME!!』、『メイドインアビス』、『僕のヒーローアカデミア 第二期』。
18本中、7本はかなり多い。
こうしてみると新作がかなり健闘したなと。夏クールは全体的に弱い印象があって視聴数をわりと削ってしまったと思っていたけれど、高評価作品もしっかり存在していたのは頼もしい限りだ。



【関連記事】
2017年 夏アニメ 最終回まとめ評価 全18本!その1
はじめてのギャル
Re:CREATORS
異世界食堂
アホガール
サクラクエスト
賭ケグルイ
ナイツ&マジック
セントールの悩み
プリンセス・プリンシパル

2017年 夏アニメ 最終回まとめ評価 全18本!その2
天使の3P!
NEW GAME!!
メイドインアビス
てーきゅう 9期
ようこそ実力至上主義の教室へ
アクションヒロイン チアフルーツ
ゲーマーズ!
境界のRINNE 第3シリーズ
僕のヒーローアカデミア 第二期





nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。