So-net無料ブログ作成

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」感想 黒猫が一歩大人になれた瞬間 [俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

000.jpg
「超凄いオナニーを見せつけてやるだけよ!」

第14話のWeb配信が4/26よりスタート!

2人が入部したゲーム研究部でゲームを作ることに。
少しずつ距離を縮めていく京介と黒猫にドギマギする!




腐女子な瀬菜と、中二病な黒猫はまったくソリが合わない。
そこで部長が提案したのがゲームコンテスト。
黒猫の考えたゲームは、彼女の持つ世界観がたっぷり詰め込まれた設定。
偏っているがゆえに「売れ線から外れている」と瀬菜に指摘されるものの、
ここで黒猫が返す言葉にグッっと来た。



001b.jpg
「一番大切なのは、作者がやりたいものを楽しんで作ることなの」

何かを作ろうとしたとき、誰かに認められたいとか、もっとウケたいとか、
そんな面ばかりに気を取られてしまうと、本来やりたかったことを見失いがちになる。
そうではなく、まず自分が楽しみながらやることが大事。
楽しいのだから途中でくじけることもない。
何かの使命感でやっているものは続けられるわけがないからね。
たとえそれを誰かに批判されようが、自分のしたいことなら気にならない。
そもそも万人に受けるものなんてこの世には存在しない。
賛同者もいれば興味の無い人もいる。それでいい。
人が複数いれば意見が異なること自体が正しいことなのだから。

「独りよがりの自己満足? オナニー作品? 知ったことじゃないわね」

黒猫節、全開でござる。
まさにそのとおり。自分が好きなら他人の目なんて気にせず進むべし。








002.jpg
「妹とエロゲーはできるくせに、私とノベルゲーは出来ないの?」

2人がこんなにも自然体でいるなんて!
きっと沙織と何度か来ていて、いつのまにか慣れてしまったんだろうと推測。
何気に誘ってる雰囲気もあるよね。
だからなのか京介も冗談交じりで
「俺のこと好きなのか?」なんて聞いてしまったのだろう。

「好きよ、あなたの妹があなたを好きなくらいに」

突然の告白にこっちも驚いた!
京介にはどう取ればいいのか分かりづらい、そこも黒猫の策なのだろう。
桐乃が兄に対してちょっとした恋心を抱いていることを
黒猫は感じ取っているので、これはもう好きと同義だよね。








004.jpg
「お願い、私と一緒にゲームを作って!」

ゲームの完成が近いというところで深刻なバグが発覚。
このままでは締め切りに間に合わない。
そこで黒猫が取った手段が瀬菜への協力。
他人に頭を下げることなどしなかった黒猫が、誠心誠意で頼む姿。
これは黒猫が一歩大人になれた瞬間だと思う。

「仲間がいれば私はまだまだ頑張れるわ」

ぶつかり合ったものの最後は仲良くと、綺麗に終わったラスト。
黒猫の作品作りへの熱き思い、さらには心の成長が伺えた回だった。

次回はついに最終回、京介との恋の進展っぷりに期待したい!







nice!(34)  コメント(17)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 34

コメント 17

語り部

作者自身が作るのが楽しくないと素晴らしいものができない
というのはその通りですね。 ただし、同人活動なら
自分が作りたいというだけで良いのですが、作家であれ、
ゲームクリエイターであれ、プロになると、自己満足では
許されなくなります。
実際に人からお金を出してもらうとなると作った先の結果も
気にしなくてはいけません。 異なる意見も全て聞いていては
何も作れないのは分かりますが、全て無視するわけには
いかなくなります。
面倒で大変な話ですが、それがプロとして必要な責任と覚悟です。
ジャンプの某漫画家も、デビュー以前に友人に自分の漫画をみせて、
「お前の漫画は好きで描いてるんだろうが、楽しそうじゃないし、
一人喜んで描いていて、オレら(読者)がおいてけぼり、
読んでくれって感じがしない。」といわれたらしいです。
その時の経験で自分が楽しく描くのはもちろん読者に楽しんでもらう為に
描くのが「エンターテイメント」だとその漫画家は気付いたという話です。
でも、周りを気にしていても自分が楽しくなければ、楽しめる物は
作れないのも確か、だからプロの作り手は周りとの溝を埋める努力、
やりたい事とやるべき事を一致させようとする努力が不可欠なの
だとおもいます。

by 語り部 (2011-04-28 15:56) 

kotekoma

太い文字で
その台詞は
ビックリしましたwww
by kotekoma (2011-04-28 22:31) 

GOREN

カルディアさんこんばんわ!

久しぶりのネコです!
声優さんにしろキャラにしても迷言いや、名言ですねw
ネコはすっぽり赤城瀬菜にこの2話でファンになってしまいました。

最後のクソゲー部門ノミネートのオチはなんともでしたけど、心打たれましたね。

今後もよろしくです!では数日後お会いましょう!
by GOREN (2011-04-28 23:18) 

コゼット

黒猫節、全開の話でしたがww

ネット配信だから言いまわせたセリフですよね~(30歳の保健体育に見習わせたい ̄  ̄)ノ バシッ☆)

原作との折り合いもあるでしょうし、後1話でどうもっていくかが楽しみです♪
by コゼット (2011-04-29 00:12) 

mana

ふう・・・今回も良い黒猫回だったぜw
次回で終りってのは寂しいですな。

>京介との恋の進展っぷりに期待したい!

原作は知らないので先はどうなるかわからないのですが・・・でもなんか予想はできる・・・
願わくばこの二人にうまくいって欲しいという私らしくない(?w)気持ちでいっぱいなのですがww黒猫の涙はみたくない・・いや見たい・・うああ、切ないのは好きだけど、そういう展開になったら胸が張り裂けそうだ~、そういうの好きだけどww黒猫がキャラとしてツボすぎたなぁw
by mana (2011-04-29 14:11) 

BOOSUKAKINNGU

黒猫て今まで仮面をつけたような演技の意見をしてきたのに
今回の話しの熱血な会話の展開に驚きましたよ
黒猫て、普通にしても、うまく言えないけれども
熱くなれるのですね
by BOOSUKAKINNGU (2011-04-29 18:34) 

カルディア

語り部さん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

>プロになると、自己満足では
プロなら作るものの向こうに相手がいることを意識しなければいけないですよね。
相手を気にして作れるようになるのはアマからプロへの第一歩かなと。
ここで自分が語ったのはアマの活動ということで、たとえばブログや同人活動もその1つ。
まずは自分がしたいようにやってみようってことなんです。ブログならいずれアクセス数が気になったり、どこかに取り上げられたりすると初心の志しがブレてしまい、そっちばかりに気がいって当初の目的を忘れてしまい結局疲れて閉鎖してしまうって人も多いんじゃないかと。
同人活動にしてもいずれは賛同者が集まってくる。それをじっくり待つ根気は、楽しんで作る気持ちが不可欠なんだと思っています。

by カルディア (2011-04-30 03:32) 

カルディア

kotekomaさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

インパクトのあるセリフでしたね~

by カルディア (2011-04-30 03:32) 

カルディア

GORENさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

最後のオチは残念でしたが、ギャグとしては有りかなとw
あれだけ頑張ったのだから結果がどうあれ彼女らが得た物は大きいと思いますね~。

by カルディア (2011-04-30 03:32) 

カルディア

コゼットさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

このまま最終話ということは、黒猫とどうにかなるのかという面でワクワクしてしまいますね。
恋愛面における結末を見せて欲しいなぁ~

by カルディア (2011-04-30 03:33) 

カルディア

manaさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

この流れからすると黒猫で落ち着きそうな気がするけれど、
もう桐乃は出てこないのかなと。
恋愛面での結末が描かれるなら実妹の桐乃は確かに邪魔かなぁ。
あやせは無理そうだし、麻奈実は押しが甘いからやっぱ黒猫かな。
沙織の正体も明かしてほしいところだったり。

by カルディア (2011-04-30 03:33) 

カルディア

BOOSUKAKINNGUさん>
コメントありがとうございます。

趣味に対しては饒舌になれるのでしょうね。
序盤は淡々としたキャラでしたが、結構ズバっと言うタイプなので
白熱したときの気迫は素晴らしかったですね~

by カルディア (2011-04-30 03:33) 

カルディア

つるぎうおさん
水銀さん
Kさん
蒼空さん
たなけん(裏)さん
townsrusさん
Dionysusroomさん
かしさん
モルディブTシャツさん
usakoさん
ヌッキーさん
あすぱいさん
shirohuneさん
リュウさん
ちょいのりさん
コゼットさん
bitさん
エムジェイさん
(た)さん
hosoさん
ふもっ!?さん
アリア・ポコテンさん
Yoshiさん
takaoさん
kyapuさん
ラゼルさん

niceありがとうございます(^ ▽ ^)

by カルディア (2011-04-30 04:29) 

ロック

>これはもう好きと同義だよね。
ここは京介が気付いていないだけで、そう考えて良いんですよね。
ただ、この二人の恋愛というのはイマイチイメージが持てないので、
どのような展開になるのか、楽しみです。

あ、あやせ・・・orz


>「お願い、私と一緒にゲームを作って!」
黒猫は自分のゲームを作るだけでも手一杯だったはずなのに
赤城のソースコードまで見ていたとは!
人の適正を見抜く力もある、という設定なのかな~。

by ロック (2011-04-30 07:55) 

カルディア

ロックさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

麻奈実とのまったり夫婦がお似合いだと感じているので、
厨二な黒猫に惹かれる京介ってのが想像できないですね~。
もし黒猫が好意を抱いていたとして、それを知った京介の反応を見てみたいw

>人の適正を見抜く力もある
意外と人の本質を見抜いている節があるなと。
だからこそ京介の良さに惹かれていってるとかね~。

by カルディア (2011-05-01 01:51) 

亀

これ原作通りいくのかな?
原作通りなら尺的に結構詰め込む形になりそうだけど・・・原作通りならたぶん2期は期待できそうだけど、どうなる事やら。
>京介のパートナー
このポジションってかなり難しいですよね。パートナー選びを間違えると、今まで京介が築いた桐乃との関係が崩れてしまいますし、その先に繋げられないので。とりあえず今度でる8巻で「恋愛編」が終わるらしいので、どうなるかは8巻待ちみたいですね。
ちなみに京介が黒猫の好きなアニメキャラのコスプレをすると、黒猫が言葉を失い、見惚れるほどそのキャラにそっくりになりますよ。まあ沙織の正体もあわせてそのシーンが見れるとしたら2期だとは思いますが。
by 亀 (2011-05-02 10:00) 

カルディア

亀さん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

原作も黒猫ルートなのか~。どうなるか楽しみです。

>見惚れるほどそのキャラにそっくり
そのシーンを見てみたいものです。
2期やれるだけのネタがあればですが、
もしかしたら次回で詰め込んでくるかもしれませんね~。

by カルディア (2011-05-03 02:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1