So-net無料ブログ作成

ラストエグザイル-銀翼のファム- 第9話感想 ジゼル復活! ファムの目にも涙 [ラストエグザイル -銀翼のファム-]

000.jpg
「ずっと一緒だった」「姉妹みたいに」

どこへ行くにも一緒だったのに、
ミリアと出会ってからは彼女のために無茶をするファム。
その姿にどこか付いていけなくなるジゼル。
2人のすれ違いがついに爆発!

第9話「Connected passed pawn」






001.jpg
「ジゼがいないと私、一人じゃ飛べないよ」
「ミリア様がいるじゃない」


うわっ! ジゼルご機嫌斜めだ。

これみよがしに大切な資料をゴミ箱に投げるとかすげーご立腹だよ。

これ絶対本意じゃないよね。
ミリアとのタッグを見せつけられて、
まるでファムが取られてしまった気分に内心イライラ。

だってその資料はジゼルの知識、ジゼルの知識はファムの誇り。
それを分かって目の前で捨てるということは、
私のこといらないんでしょ?をアピールしたことになる。
嫌な態度だけれど、それだけ今までにない感情が溢れているってことなんだよね。








002.jpg
「ジゼのこと何も分かってなかった」

撃墜させた旗艦の回収にディーオと一緒に向かうファム。
初めての仲違いに戸惑っているのはジゼルだけではない。

自分の考えが相手にも通じていると思っていたのは自分だけだったと、
そこに気付いただけでも単なるお調子者じゃないってことさ。
むしろ通じていると思う。
ただ、今ちょっと歯車が合わないだけ。








003.jpg
「あんな顔させたくなかったのに」

ひどいことを言ってしまったという反省の言葉よりも、
大好きな友達の悲しむ顔を見たくないという言われ方のほうが愛情を感じる。
ジゼルは本当にファムを思っているんだね。

ミリアも自分のせいで険悪ムードになっているのを察している。
2人ともすごくいい子だなぁ。








004.jpg
「今日はファムの誕生日!」

互いにファムへの気持ちが晴れたところで、結託してファムを元気付ける作戦を考える。
ファム、愛されてるな!

丁度いいところへファムの誕生日が発覚。
まるで仕掛けられたかのような誕生日だw








005.jpg
おい、ホッケーが始まったぞw
デッキブラシを使った船員達の娯楽なのだろう。

ジゼルが船を下りたと聞かされて落ち込みモードのファムは、
その気持ちを紛らわすように参加、と。








006.jpg
「ファム、私ね」

そんなところへ買い出しから戻ってくるジゼル。
その顔はすべてを許したかのような優しい表情になっている!








007.jpg
「おかえり」

なんかもう、通じてるよこの2人は。
ファムもジゼルの表情からすべてを読み取ったかのようだ。








008.jpg
「これからは2人を、この先もずっと」

今までファムだけの後方支援役として頑張ってきたジゼル。
しかし見守る相手は1人でなくてもいいということを悟ったみたいだね。

ファムと同じようにミリアも守る。
その考えに至ったことで、嫉妬心も消えてファムを許せるようになったんだと。
ジゼルの中で器が一回り大きくなった瞬間だ!








009.jpg
「ミリア、パス!」

「様」付けをしない、それは友として受け入れたってことだ!








010.jpg
「ファムの涙にかんぱーい!」

一度はジゼルと道を分かつと思えただけに、
今こうして仲間に囲まれて誕生日を祝ってくれることに、
さすがのファムも涙を隠しきれないのだろう。
俺もちょっとグっときた。








011.jpg
「鯨獲りは終わってない。今日から16歳よ」

なるほど!
歳の数だけという約束で15隻の捕獲だったけれど、16になったからまだ続く。
これは想定していなかった良い仕掛けだ。








012.jpg
「ヴィンセント・アルツァイだ」

せっかくのイイハナシダーな空気を台無しにしやがって!
なんでそんなドヤ顔なんだよw
知らないおっさんが偉そうに出てきたもんで、ファムもきょとんとしているじゃないかw

ヴィンセントは前期にも出てきたキャラ。
記憶ぼんやりな1期をそろそろ復習しておきたいところだ。
来週は総集編で、次回は年明けになるのかな?
ならばこの年末年始中に見ておくか!







ってことで、
思いのほか喧嘩が早く片付いたなと。
実のところもっと長引いて、一度は離れ離れになると思っていたんだ。
いつしかわかり合えた2人が互いに手と手を取り合い、
そして感動のラストシーンへ、な~んて演出をするための布石じゃないかと。

早くに片付いたけれど、ここでのジゼルの成長は大きいと思う。
ファムも含め、この作品は3人の成長を丁寧に描こうとしているよね。

ファムとジゼルはこれまで空族として一緒に暮らしていた。
まだ考え方も子供だったところへ、シルヴィウスで国家間の戦争に巻き込まれる。
いわば学生が社会に投げ出されたようなもので、本人も気付かないうちに心の育成を強いられる。

ジゼルが嫉妬を露わにしたのは大人への成長とも取れるんだよね。
嫌な面だけれど、成長期は不安定になりがち。
その揺れ動く心をじんわり表現させていくことで、
彼女たちの成長を一歩一歩見せているんだと思えたんだ。
2クールの長丁場はこうして演出するという見本みたいな良い作り。

果たしてヴィンセントの登場は何を招くのか。
グラキエスの動向も気になる。
私的にはシルヴィウスとグラキエスが同盟を組み、そこに空族も加わって、
連邦と全面戦争になると推測。
2クール目は新たな展開が期待されるね。何にしてもこれからも楽しみだ!





【過去ログ】 ※リンクなしは未記事
第8話「Distraction」
第7話「Weak square」
第6話「Over step」
第5話「Touch and move」
●第4話「Dubious move」
第3話「Light square」
●第2話「Fool's mate」
第1話「Open file」(※まとめ記事)








nice!(25)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 25

コメント 8

goribe-

ちびファム可愛かったです。

たしかに、喧嘩はしばらく続くなかぁとも予想しましたけど、それほどでもなかったですね。

折り返しで、次回も期待させられましたが、総集編なのが残念です。
by goribe- (2011-12-12 23:39) 

NO NAME

こんばんはー。
いや~密かにしばらくジゼルの代わりにミリアがファムのナビになる展開を予想していたんですが、一話でその予想ははずれましたw

>うわっ! ジゼルご機嫌斜めだ。
ご機嫌斜めだけど、あのときにどんな会話があったのかは結局説明無かったですね・・・。
想像で補完した通り(ジゼルが拒否ったので無理矢理ミリアを連れて行った)で良かったのかな~。
しかし、今まで集め続けたジゼルの資料を思いっきりゴミ箱に。
「私なんていらないでしょ」がものすごく露骨だ!!
こんなキレたジゼルはファムも見たことなかったんだろうなぁ。
それでも「ジゼがいないと飛べないよ」と素直に言えるファムはいい子ですよね。

>撃墜させた旗艦の回収にディーオと一緒に向かうファム
ファムがジゼルのことを改めて思う大切なシーンですが、私としてはディーオの台詞にうるっと来てしまった・・・。
ディーオの気持ちはちゃんと伝わってたよ!!って言いたくなったよ。

>せっかくのイイハナシダーな空気を台無しにしやがって!
でもこの人名将なんです!(笑)
しかし一国の司令という人がミリアをトゥラン亡命政権の盟主と呼んだということは、アナトレー・デュシス連合王国は亡命政権を公式に国家として認めていると取れますね。
完全にトゥラン亡命政権を援護する体制をとると言うことか!
これは心強い。

>しかし見守る相手は1人でなくてもいいということを悟ったみたいだね
実はちょっと気になった部分。
ジゼルは最終的に「私は自分のことばっかり考えてた」という結論に達しましたが、ミリアもミリアでジゼルと二人でファムを支えようってことを言ってました。
この人を引きつける魅力。これはやはり以前カルディアさんが予想した「ファム王族説」の一端なのではないか?と。
人を引きつけ、自然と先頭に立って周りを引っ張る気質。
これは捉えようによっては指導者の器ってことなんじゃないかな~と思えてきましたよ。
いろいろ整理する意味でも総集編は私的にはありがたいかも。
そして一期は是非見てください!
by NO NAME (2011-12-13 00:31) 

kotekoma

お久しぶりです!

笑顔がとっても
すてきだったと
思いますwww
by kotekoma (2011-12-13 23:46) 

カルディア

goribe-さん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

ちびファムの髪結った姿が可愛かったですね~。
ここで折り返しとなり、3人の成長期は一旦終了で、
次々回からいよいよ世界大戦へと巻き込まれていくのかなと思っています。

by カルディア (2011-12-14 03:14) 

カルディア

ガッツさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ
NO NAMEだろうがコメでわかる不思議w

もっと喧嘩が延びてファム&ミリアだと思ったよね。
でもそれだとジゼルの出番がなくなるから嫌だw

>結局説明無かったですね・・・
ここほしいよね。
補完レベルでは可能だけど、やっぱり正確な情報が欲しいというか。

>素直に言えるファムはいい子ですよね。
それだけまだ純粋な子供心を持ったままなんだと思います。
嫉妬という形で成長期の心の揺れを見せたジゼルにどこか不思議な目線を送りつつ、まるで「また一緒に遊ぼうよ」と言うかのように、無垢な想いを放っただけに見えたんですよね。
この瞬間はまだ2人の成長に差違があった。
けれどファムもそのあとしっかりと考えて一歩前進する。
この回は思ったよりも深いです。

>トゥラン亡命政権を援護する体制をとると
タチアナがシルヴィウスの一員と認めてくれたことで
アナトレー側が完全バックアップの態勢を取ってくれたと確信した瞬間でしたよ。
てかヴィンセントがうる覚えなのでやっぱ1期見なきゃと思ったw

>指導者の器
この回を見ると、シルヴィウスの船員がカルタッファルの人たちと同じようにファムに愛着を持って接しているんですよね。人を惹き付ける力は、人の上に立って引っ張っる力になる。
ファムはあくまでも勢いで好きなことしている。ファムに足らない部分はジゼルやミリアといった精鋭たちが補完していく形になる。ここで過ぎったのがワンピのルフィみたいだなと。
まぁ、ファムの出生が謎めいている時点で、王位継承者という予見をせずにいられないです。

今自分の頭の中では、ファムが連邦政権を握るようになり、ミリアの新生トゥランと一緒に世界を1つにする姿。
でもファムは王位などに興味はなく、(妹と仮定する)サーラに全権を任し、グラン・レースをやろうと息巻いて、実現させる。
レース開催の中、「まったく一国の王女がレースに出るだなんて」とミリアに毒付かれながら、「でもこれが私の知ってる一番好きなファムの姿なんです」とジゼルが言うんですよ。
そんなシーンが超妄想モードで脳裏に浮かんでいますw
そうしたところへ15隻捕獲の記念写真が出てきたら、その道のりを思い出して涙出るわ。

by カルディア (2011-12-14 03:24) 

カルディア

kotekomaさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ niceありがとうございます!

子供のときと同じような笑顔が2人に戻って安心しましたね。

by カルディア (2011-12-14 03:26) 

ガッツ

>NO NAMEだろうがコメでわかる不思議
( Д ) ゜ ゜
名前入れ忘れたー!w
普通に気づいてなかったです。すみません。

>ワンピのルフィ
あー!その感じですねー!
無意識に人を引き付けて先頭に立つ才能ですよね。
しかしばっちり予想ができてるなぁ。
まあたしかにかな恵ちゃんとあっきょの治める国とかご褒美だよねw
サーラもサーラで美人になるだろうしね~。
本格的にアデス連邦に移住しようかしらw
だが待ってほしい。
リリアーナが完全に空気になっている!w
私的にはリリアーナお姉様の復活というかルスキニアとの気になる関係にも期待したい。

あと書き忘れてたけど、ジャージで爆睡&寝起きでメガネ未着用のセシリーのサービスショット!
今回はセシリー回だな!(え
by ガッツ (2011-12-14 11:30) 

カルディア

ガッツさん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

毎回コメをいただいているので分かりますよw
てか視点がガッツさんならではだからね。

>リリアーナが完全に空気に
沢城さんを忘れてたw
エグザイルの件もまだまだこれからだと思うし、
鍵としてその身は形を保っているから生きているとは思うんだよね。
ただ、リリアーナは一度は救出されるとは思うけれど、
最終的に命あるかは微妙なところ。
ミリアが「お姉様の分まで頑張る」みたいな想像が脳裏を過ぎっているもので。

>セシリーのサービスショット!
ガッツさんにはサービスショットに映ったか!w
たしかにあの無防備な寝姿は好きな人にはたまらんよねぇw

by カルディア (2011-12-15 01:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0