So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

氷菓 第15話感想 わらしべ再始動! ABC殺人事件になぞられた盗難事件を解き明かせ! [氷菓]

000b.jpg
「最後の10文字目は古典部です!」

少しずつ明らかになってくる盗難事件の全容。
今回も摩耶花のジト目がたっぷり出てきたぜ!

第15話「十文字事件」





001.jpg
「十文字!」

「じゅうもんじ」ではなく「じゅうもじ」。
四名家のこともあって視聴者も「じゅうもんじ」と読んでしまうところが上手い仕掛けだなぁ。
ここまでずっと自分もそう読んでいたよ。

アカペラ部→アップルジュース
囲碁部→石?
占い研→運命の輪
園芸部→AK
お料理研→おたま

五十音順に頭が「あ」~「こ」までの十文字分の部活動が狙われている。
かつ盗まれる物も頭文字を合わせてきている。
なるほど、これは気付かなかった。








002.jpg
「私がここにいちゃ悪いの!?」

摩耶花のジト目の怒り顔、最高ですw








003.jpg
「でも古典部の利益は小さいのです」

そのまんまじゃないか!w
入須先輩に教えてもらった人への頼み事の極意。
遠垣内先輩に対し実行したものの、なんともえるらしい直球っぷり。
これでは小悪魔にはなれませんねw
えるちゃんは素で勝負したほうが断然落とせると思うんだけどなぁw








004.jpg
「代わりに何かくれ」

わらしべプロトコルは終わっていなかった!
摩耶花から手鏡?を入手した奉太郎。
いいね、わらしべは続いて欲しかったのでナイスな流れだ。








005.jpg
「公演中に盗むなんて保証はどこにもなかった」

壁新聞部ではカッターナイフが盗まれ、
いよいよABC殺人事件の模倣が色濃くなってきたところで
里志は「き」の付く奇術部へ潜入。
しかし既にキャンドルが盗まれていて現行犯逮捕は保留に。
てか、すべての物はとっくに盗まれ済みだと思っていたけれど。








006.jpg
「情けないなぁ 福ちゃんたちに逃げたくなってる」

なんか漫研部での一連を見ていると、
どうも普段から居づらそうで部活を楽しめていないように見えるんだよね。
漫研やめて古典部メインになる流れでもあるんかな。








007.jpg
「なんだか疲れました・・・」

奉太郎が気付いたえるの衰弱っぷり。
文化祭を楽しむどころか古典部の宣伝で駆けずり回った一日だものね。
倒れなければいいけれど、えるって体弱かったりするのかな。
この振りが今後何を生むのか。








008.jpg
「十文字は僕が捕まえてみせるよ」

「意外性を秘めた人間」に開花した奉太郎。
そこに一人気付いた里志の嫉妬と憧れ。
ここへ来て古典部面々の個々の人間模様がぐっと動いた感じがするね。
みんな元気なさそうなので、最後にはスカっとさせてほしいなぁ。

最後の通販の部分、これは何かすごく気がかりだ。
実行委員あたりが盛り上げるためにやったというオチじゃないよね?





【過去ログ】
第14話「ワイルド・ファイア」
第13話「夕べには骸に」
第12話「限りなく積まれた例のあれ」
第11.5話「持つべきものは」
第11話「愚者のエンドロール」
第10話「万人の死角」
第9話「古丘廃村殺人事件」
第8話「試写会に行こう!」
第7話「正体見たり」
第6話「大罪を犯す」
第5話「歴史ある古典部の真実」
第4話「栄光ある古典部の昔日」
第3話「事情ある古典部の末裔」
第2話「名誉ある古典部の活動」
第1話「伝統ある古典部の再生」







タグ:氷菓
nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アニメ

nice! 21

コメント 4

九竜一三

どうもこんばんは。

>エンディングで確認したらスペシャルサンクスにアッコちゃんて明記してあったw
>アッコちゃんって緑の服だったかなぁ?w
スペシャルサンクスまでは気づきませんでした。(−−;
SNKもちゃんと載ってました。
実際のアッコちゃんの服は赤ですね。
ひょっとして、2プレイヤー側の色とか……。

>何か因縁があるんだろうなという気はしましたが
あ、すみません、言葉が足らなかったかもしれません。
これは谷がどう、とかいう話ではないんですよね(実際、谷の名前を忘れていたぐらいですから)。
里志自身の問題なのですが、この辺は後々(21話かな?)出てくるはずなので、その時にでも。

>四名家のこともあって視聴者も「じゅうもんじ」と読んでしまうところが上手い仕掛けだなぁ。
十文字かほは、まさにこのためだけに登場したと言えます。(^^)

>入須先輩に教えてもらった人への頼み事の極意。
この部分はアニメオリジナルですが、これを入れたがために(それだけではないと思いますが)、えるの奉太郎評のモノローグがカットされてしまったのは残念です。
あのモノローグ部分は、一番の爆笑ポイントでしたし、シリーズ通しても、結構重要な部分じゃないかと思うのですが……。
えるは里志や摩耶花の奉太郎評を「間違い」だと思っていて、奉太郎を「核が温かい人」だと評するんですが、実は里志も摩耶花も間違っているわけではありません。
里志は勿論ですが、摩耶花もまた、奉太郎が変化していることに気づいています(二人きりになった部室での「ばーか」のやりとりで、そのあたりがわかります)。
そして、当然ながら二人は、誰が奉太郎を変えたのかも知っているのですが、当のえる自身がそれに全く気づいていないという、そういうシーンでした。
そこをカットしちゃったのは……後で挿入される可能性もありますけど……個人的にはかなり残念です。

>摩耶花から手鏡?を入手した奉太郎。
ここで摩耶花から入手、というのは巧い流れだと思いました。

>なんか漫研部での一連を見ていると、
>どうも普段から居づらそうで部活を楽しめていないように見えるんだよね。
まあ、楽しめてないのは確かでしょうね。
でも、思うに摩耶花と河内って、実のところ結構いいコンビだと思うんですよ。
相当マニアックな摩耶花のコスプレを、河内は全て一発で言い当ててますし、ポスター制作のコンビネーションも手馴れた感じがしますし。
顔色を窺うしかない取り巻きに比べて、打てば響くようにちゃんと意見を返してくる摩耶花は、河内にとっても貴重な存在のように思います。
もう一年、どちらかがずれていさえすれば、親友になれたのかもしれませんね。
by 九竜一三 (2012-08-04 21:44) 

カルディア

九竜一三さん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

>えるの奉太郎評のモノローグ
カットされているなら分からずですが、
そういう部分も見てみたかったですねぇ。

>「ばーか」のやりとりで
ここは「ちーちゃんのことを好きになってる自分に気付いていないんだね」ということに対する「ばーか」だったと思っているので、カットされたシーンは見たかったですね。
後々入れてくるか、もしくはあえて恋愛に直結する表現は避けた可能性があるかも。

>打てば響くようにちゃんと意見を返してくる摩耶花
確かに、一目置いている感じはします。
摩耶花を叩くような取り巻きの言葉を制したり、
名作論争も摩耶花なら乗ってくるとわかっていた表情に、
摩耶花の性格を理解して、ぶつかりながらも可愛がっている印象はありますね。

by カルディア (2012-08-06 01:54) 

九竜一三

再び、どうもこんにちは。

つまらないことですが、追記です。
今回面白かったのは、前回「ワイルド・ファイア」で、あれだけ奮闘し、凝った料理を作った三人の昼食がただのパンで、何もしなかった奉太郎が豪華な弁当を食べている、という情景でした。(^^)
by 九竜一三 (2012-08-06 15:09) 

カルディア

九竜一三さん>
こんばんは~(・∀・) ゞ

おお~、それは面白い見方ですね。言われて気付きましたよ。
私的には製菓研のクッキー食べたいw

by カルディア (2012-08-08 02:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2