So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 前編』見てきた! 感想(ネタバレあり) [【アニメ】劇場版レビュー]

000.jpg
新作OVAが劇場公開!

TV版で素敵なラストを飾った本作。
メインヒロインはチェインバーかと言わしめるほどの魅力あるキャラが去った後、
どんな物語を見せてくれるのか期待せずにいられなかった!



◆感想(注:ネタバレあり)
TV放送から一年以上経っているので本編記憶が薄れてないか失敗だったけれど、
開始早々に『ぷちっとふりかえりんてぃあ (5分)』で復習できたのは良かった。
正直、チェインバーがいなくなった状態で本作の魅力をどこまで発揮できるのか、
そこが一番危惧するところ。

このOVAはTV版ラストから約半年後の世界。
序盤からすぐに新キャラのリーマが登場。
エイミーの後輩分としてメッセンジャーを営む元気な姿が可愛らしい。
金髪の13才、cv水瀬いのり。私的にはそこも惹かれた部分だったり。
彼女はあのクーゲル船団から来た者。

周囲はレドとエイミーの仲良しっぷりを冷やかす雰囲気があり、
そんな中でチェインバーのことを知りたがるリーマがレドにやんわりと接近。
彼女としてはユンボロ(作業用機械)の延長上として高度なメカに興味津々なのかなと。
このときはまだリーマはメカフェチぐらいの印象しかない。

さすがに今回は出番がないと思えたチェインバーだけれど、
リーマに話を聞かせるために回想話がここで入ってくる。
サーヤの住む住居船のひとつが嵐によって連結部が破損。
それを巡るレドとチェインバーの活躍が描かれ、
メカ戦ほどの派手さはないが、なかなかに見せる映像だった。

話は現在に戻り、海底サルベージ業を行なっていたレドが巨大船を発見。
これを船ごと浮上させる作業中、レドの乗ったユンボロが崩れた大岩の下敷きに。
一旦浮上したベローズに駆け寄るエイミーと仲間たち。
さらなる犠牲者が出ることもあってすぐに救出へ向かえず頭を垂れ、
エイミーは涙ながらに崩れ落ちる。

そこへリーマ率いるクーゲル船団のユンボロ勢が!
レドを助けるために危険を顧みない人々が集結。
こういう演出は心憎いというか、単純に感激できるんだよね。
救出劇は一筋縄ではいかず、このまま後編に続くのかと思われたけれど、
そこはしっかり救出完了まで見せてくれて一安心。

TV本編が綺麗に終わったこともあって蛇足にならないか気がかりだったものの、
全体的に緩急のある飽きさせない作りで、
その後の物語として十分に及第点と思える内容だった。

そんな感想を抱きながらエンディングを見ていたところへ新たな映像が。
リーマが一人、大きな機械を見つめる姿。
暗くてはっきりとは解らないものの、それは明らかにマシンキャリバー。
リーマの声に英語らしき言葉で返す。
なぜこんなものが? どうしてリーマが?
そんな謎を残す形で前編の幕は閉じる。

ここからは予測だけれど、
クーゲルが所有していたもう一機のマシンキャリバーを何らかの形で手に入れたのかもしれない。
またはクーゲルの死後、主人のいない寂しさからストライカーが人々に作らせた仲間とか。
出来が不十分であるため、チェインバーを知って完成に近づけようとしているのがリーマの目的かな。
そこにチェインバーの残骸の一部を加えることで
チェインバー的なものが復活! みたいな展開があれば、二期もありうるかも?

いいね、これは後編も楽しみだ!




ミニ色紙はチェインバーでした。



翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 前編 [Blu-ray]

翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 前編 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: Blu-ray


翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 後編<最終巻> [Blu-ray]

翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 後編<最終巻> [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



【関連記事】
『翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 後編』 感想(ネタバレあり)


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 11

コメント 4

オルダム先生に癒される私

観に行きましたよOVA!
展開的派手さはほぼ皆無だったけど、そこそこ見応えがありましたね。というか、久々にガルガンティアに帰ってこれて嬉しかったのが一番かな。あと、もともとスケール感が心地いい作品を特大画面で観れて、気持ちよかったですね。
回想のくだりは、村田さんが本来ならTV放映したかったけど、仕方なく切った話という印象を受けたかな。映像と音楽がリンクしてて結構引き込まれた。沈没船引き上げのくだりも、必殺のバックミュージック(岩代太郎氏はホント凄い!)に煽られて興奮しちゃった。どっちも、よくよく考えると地味な話なんだけどね。
そして、最後のリーマと謎のマシンキャリバー。あれについては、今後の展開予想が上手くまとまらないけど、チェインバー(というか機体ナンバーK6821)のプロトタイプ、つまり、人類銀河同盟が宇宙に飛び出す前に造った、研究段階のマシンキャリバーじゃないかなーって。それを、ちょっと痛いメカ好きリーマは動かせるようにするんだけど、ああいう人間のさだめとして、どうも行き過ぎた行動に走ってしまい、ひと悶着起こしてしまう。
うーん、なんかありきたりのような....。
どうなるにしても、次の後編で終わらせるにはもったいない作品ですよね。
二期、絶対やってほしい!いや、やるべきだ!やらなきゃアホだ!

by オルダム先生に癒される私 (2014-09-29 18:43) 

ガッツ

こんばんは。
私も早速観てきました。
面白かったですね~。
テレビ版からの雰囲気もそのままで、大画面で見る船団の美しい景色は凄かったです。

>開始早々に『ぷちっとふりかえりんてぃあ (5分)』で復習できたのは良かった。
もう一年前とは・・・。
しかし私「くたばれブリキ野郎」ですでに泣きそうになってるんですけどw

>金髪の13才、cv水瀬いのり。私的にはそこも惹かれた部分だったり
水瀬いのりさんてチノみたいなわかりやすい声のときもあるけど、リーマはそういう感じじゃないのがすごいなぁと。
というかチノとリーマ、歳同じですからねw

>周囲はレドとエイミーの仲良しっぷりを冷やかす雰囲気があり
あの二人入浴施設にはいつも一緒に来てるんかいw
そりゃ冷やかされますわー。
それにしてもさくっとサービスシーンを挟んでくるところはグッドですよ!
サーヤはあいかわらず大きいなw
そしてこのシーンでいじられるエイミィはめっちゃかわいかった!
そのあとの湯上りの一休みなんかも、和やかな雰囲気あって良かった。

>そんな中でチェインバーのことを知りたがるリーマがレドにやんわりと接近。
エイミィの後輩として出てきたけど、クーゲル船団の出身といういことで微妙な不安感は感じてしまいます。
ユンボロにやけに食いついてたのもありましたし。

>そこへリーマ率いるクーゲル船団のユンボロ勢が!
>レドを助けるために危険を顧みない人々が集結。
ああいう海中事故は脱出できないのと酸素が無くなるという恐怖感が、緊張感を増しますね。
ここでチェインバーとの過去の一幕から、あきらめずに活路を見出すレドのたくましさがぐっとくる。
そして救助の援軍に現れるクーゲル船団のユンボロ乗り達!
「おおお!!」と熱くなりました。
しかしその一方で「え?リーマ・・・・?」という感覚も。
ここでのリーマ自身は純粋にレドを助けたいって気持ちからの行動だとは思うけど、隠している何かをチラ見せしてきたのかなという印象を受けました。

>なぜこんなものが? どうしてリーマが?
みんなの協力でレドを無事救出。
レドに抱きついたエイミィは感極まってキスでもするんじゃないかという距離感がたまらんw
と、思っているとこのシーン。
まさかのマシンキャリバー。影になっていたけど間違いなさそうだし。
そして次のフェーズに移行するという不気味な言葉。
ガルガンティア世界の地球には似つかわしくない言い回しに強烈な違和感。
一瞬彼女も漂流者ではと思うけど、それは違いそうなんだよな・・・。
ストライカーのデータから自作したか、掘り当てたものか・・・。
気になる!はやく後編を・・・!
by ガッツ (2014-09-29 21:40) 

カルディア

オルダム先生に癒される私さん>
こんばんは。コメントありがとうございます。

回想のくだりは良かったですね。目の前にチェインバーが帰ってきた嬉しさもありましたし、地味ながらも食い入って見られた一幕でした。映像と音楽とのシンクロの良さもあって、しっかりと見せどころになっていたと思います。

>宇宙に飛び出す前に造った、研究段階のマシンキャリバー
なるほど、面白い推測です。それならリーマでも手に入れられた理由が付きます。クーゲル船団が海中作業中(していたか解りませんが)に見つけたか、またはそこが人類発祥の地と知ったクーゲルが作業させて見つけたのかも?
とにかくあのラストでの引きは後編への期待が高まりますね。マシンキャリバーが出てくれば次は派手さのあるシーンが多々見られるかもしれませんね。

by カルディア (2014-09-30 02:38) 

カルディア

ガッツさん>
こんばんは。コメントありがとうございます。

スクリーンで見る船団の荘厳さには圧倒されましたね。それだけでも劇場で見た価値がありました。

>チノとリーマ、歳同じですからね
そこに気づいてしまわれたかw 13才声優、いい響きだ。

>さくっとサービスシーンを挟んでくるところは
まさかのお風呂シーンに、場内の温度上がった感w
こうした平和な一幕を入れてくるあたりは心憎いですね。よくぞ描いてくれた。
エイミーはいじられてなんぼなので、レドのことで顔を赤くするシーンがあるたびに目の保養でしたw

>あきらめずに活路を見出すレドのたくましさが
チェインバーはちゃんとレドの中で生きている! そんなことを感じた一幕でした。
マシンと言い放っていたとはいえ、心を通わせていたことを再確認できる良いシーンでしたね。

>え?リーマ・・・・?
ユンボロに興味があるとはいえ、まさか操縦まで?という不信さは感じられました。
これは新手のマシンキャリバーの登場で少し見えてきましたが、リーマはそれを操縦したいのかも。ユンボロに興味があったのではなく、マシンキャリバーを動かしたいがためにユンボロの操縦を覚えたのかもしれないなあと。
リーマの目的と新手のマシンキャリバーの謎。
後編を期待せずにいられない!

by カルディア (2014-09-30 02:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0