So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年 春アニメ 最終回まとめ評価 全17本! 総評その2 『メガロボクス』、『GGO』が高評価! [【終了】最終回感想まとめ]

000b.jpg
終了したアニメの評価、後編!

最終回を迎えた春クールアニメを点数とコメントを付けて評価しています。

以下、個人的にランク付け。
◎…かなり良い
○…良い
△…まぁまぁ
また、細かな点数付けも行なっています。

※評価は辛口なところもあるためファンの方はご注意ください。
※自分が見ていた作品のみです。




多田くんは恋をしない (○)

良い人ばかりの平和恋愛劇
『野崎くん』制作チームという期待、オリジナル作品という不安、蓋を開けてみれば原作があるんじゃないかと思えるレベルの良い仕上がりだった。
最初は伊集院がちょっとウザかったけれど宮野ボイスが功を奏してこのノリは必然と思えて慣れてくる。加えて多田への優しさが溢れていたのもグッド。
ヒロインのテレサは超絶可愛いってわけではないが、このぐらい抑え気味なのが女性票は獲得しやすいのだろうなと。アレクの存在がまた良かったのかも。
それにしても良い人ばかりなんだよね。特にシャルル、初め見たときはこう見えて実は裏が...なんて思ったけれど出来過ぎなほどに徳が高い。櫻井ボイスもハマり役。とにかく恋愛にガツガツしていない平和感が良い。
個人的には密かにグラドル活動をしているという委員長キャラが良し。ピン先輩と委員長のその後のスピンオフが見たいぐらいだ。
ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・4
総合的な評価・・・4
総合点・・・22



ひそねとまそたん (○)

久野ボイスがハマる作品は良作
絵柄独特、内容も独特で興味を惹かれる。岡田麿里シリーズ構成に一抹の不安はあったが、ここまでぶっ飛んでいるとなるほどアリだわと感じられるシナリオ。リアル系恋愛劇よりも不思議世界観のほうが魅力を発揮できるんじゃないかと思えてしまう。NHKで再放送されそうなレベル。
それにしてもこの手のキャラに久野ボイスはハマり役だなあ。
ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・2
総合的な評価・・・3
総合点・・・19



メガロボクス (◎)

リメイクはこうあるべき
「『あしたのジョー』連載開始50周年企画」という触れ込みで、またリメイクかと思いきや世界観をガラリと変えていたのが良い。大きな存在として君臨するライバル、独自の信念で動く主人公、要所要所に『あしたのジョー』の魂を受け継いでおり、試合は元よりそこに至る展開にもわくわくさせられる。
過去作のリメイクはこうあるべきを示してくれた作品。
ストーリー・・・5
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・5
音楽・・・3
総合的な評価・・・5
総合点・・・26



フルメタル・パニック!Invisible Victory (△)

人気に胡座をかいた結果
※10話までの感想(11&12話を見て追記があれば7/20以降に追記)
シリアス展開なのは良いとしても、全体的にさほど話が進んだように思えないのがマイナス点。
総集編2回、クオリティを考えれば仕方ないとしても一話一話に間延び感があって、単に話を進めました、ようにしか見えない。前期から間が空きすぎていてテンションが上がらないから進みの遅さが顕著になるんだよね。たとえ人気作でもそれは過去のこと。時間が空けば新規と同じ意気込みで1クールの中での起承転結は設けるべきだと思えた。
ストーリー・・・2
キャラクター性・・・2
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・3
総合的な評価・・・2
総合点・・・16



七つの大罪 戒めの復活 (2cours) (○)

エスカノール登場で退屈から脱却
「リオネス王国奪還篇」は上手く完結していたので、「十戒篇」は人気が出た上の蛇足編にしか思えない。序盤の妖精王の森、ディアンヌやバンの過去話、いずれも退屈だった。
それを打ち砕いたのが14話で登場したエスカノールの存在。キャラ良しcv杉田良しで俄然視聴意欲がアップした。
ようやくフラウドリン殲滅で憑依という悪夢から脱しての一段落。十戒篇はむしろこれからだって感じだね。
ストーリー・・・2
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・3
総合的な評価・・・3
総合点・・・19



ソードアート・オンライン オルタナティブ
ガンゲイル・オンライン (◎)

単発作品としても優秀
作者が異なる『SAO』のスピンオフという異色作ながら、単発でも面白い作品に仕上がっていた。とにかく毎回がドキワクさせられ1話毎に緩急のある作りが素晴らしい。リアルとのギャップを見せつつ、ネトゲ内を主軸にした内外バランスも良かった。
『SAO』あっての作品ながらその土台が無くても十分楽しめる作品。
ストーリー・・・5
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・5
音楽・・・4
総合的な評価・・・5
総合点・・・27



鬼灯の冷徹 第弐期 その弐 (◎)

安定した面白さ継続
二期になってからホント面白くなったなと。私的には「その壱」のほうがネタ的に楽しめたが、その弐も多分に楽しめた作品。地獄各所の特色に触れられると知識を得たような快楽があり、かつ笑いを取ってくる作りがホント楽しい。
ミキの素の部分に触れた回は好き。座敷童子回がないな~と思いきや最終回に持ってきてくれて嬉しかった。
ストーリー・・・4
キャラクター性・・・5
画・・・4
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・5
総合点・・・26



ダーリン・イン・ザ・フランキス (2cours)  (◎)
※ここまで◎評価なのでラストがどうあれ揺るがないと判断
※コメントは最終回(7/7)以降に追記



以上、トータル17本!



<実写>
※アニメ以外なので本数にはカウントせず点数も付けません。

■声ガール!
声優を目指す女子のサクセスストーリーかと思いきや、中には辞めてしまう子もいたりと割りと厳しい現実を叩きつけた感じのドラマ。役を取ることすらままならず、なかなか芽が出ない様のほうが強調されて、そこは現実的かもしれないけれどドラマ的にはエンタテインメント性に欠けたかなと。
私的には戸松遥を見たくて見続けた感あり。
終盤かなり駆け足だったのか、どこかスッキリせずに終わった感じかなあ。

■孤独のグルメSeason7
前期あたりから大食漢が増したように見えたが今期も健在。今期は特に本物の店員さんに似せた俳優さんを起用している感あったなあとw 韓国出張もあって多様な食事に飯テロは健在だった。続く限り見ていたい。



今回、◎評価を付けたのは7本。
『食戟のソーマ 餐の皿 遠月列車篇』、『弱虫ペダル GLORY LINE』、『斉木楠雄のΨ難 第2期』、『メガロボクス』、『GGO』、『鬼灯の冷徹 第弐期 その弐』、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。
17本中、7本。かなり良い数字!
◎評価のほとんどが続編作品なので当然の結果かもしれないが、そんな中で『メガロボクス』、『GGO』、『ダリフラ』のオリジナル勢の頑張りは凄い。冬クールよりも全体的な視聴意欲は上昇しているのでこのまま波に乗ってほしいところだ。
というわけで、夏アニメではたくさんの良作品に巡り会えることに期待!



【関連記事】
2018年 春アニメ 最終回まとめ評価 全17本! 総評その1
ウマ娘 プリティーダービー
こみっくがーるず
グランクレスト戦記
ヒナまつり
あまんちゅ!~あどばんす~
食戟のソーマ 餐の皿 遠月列車篇
ゴールデンカムイ
弱虫ペダル GLORY LINE
斉木楠雄のΨ難 第2期

2018年 春アニメ 最終回まとめ評価 全17本! 総評その2
多田くんは恋をしない
ひそねとまそたん
メガロボクス
フルメタル・パニック!Invisible Victory
七つの大罪 戒めの復活
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
鬼灯の冷徹 第弐期 その弐
ダーリン・イン・ザ・フランキス



nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。