So-net無料ブログ作成

2019年 春アニメ 第1話の感想をざっくりまとめて全15本! 『フルーツバスケット』、『さらざんまい』が好スタート! [【新作】第1話感想まとめ]

000a.jpg
春アニメ第1話だけの感想!

視聴したアニメ、その第1話の感想をサクッと書いていきます。
既に2話目が放送された作品もありますが、
あくまでも第1話を見た時点での感想です。



ダイヤのA actⅡ (○)

『稲実の敵討ちといきましょうか!』
そういえば新メンバーで春の選抜中だった。前期が中途半端なところで終わっていたのでちょっと記憶を辿るのに時間がかかった初回。時間が経ってしまっただけに視聴意欲をいきなり上げるのは厳しいが、前期でハマった作品なのでずっと見ていきたい。
→視聴確定!



この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (△)

『リフレクターデバイス構造』
水着ギャル言ったり、転校生を裸で迎えたり、机に足を投げ出したりと、当時の古めかしいギャグセンスをそのまま起用していて痛々しい一話だった。女教師の服装がエロい(そこは良い)のも当時のエロゲらしさがにじみ出る。とはいえ時間遡行か平行世界への移動なのか、謎めいた部分には興味があるためしばし様子見。
→数話様子見



フルーツバスケット (○)

『いらっしゃーい 草摩家へ!』
少女漫画原作ながら男性でも入りやすい映像。なにより作品に漂う優しい空気感が良かった。
旧作は何度も見返すほど大好きだったが、新規に作られた映像は美麗で、キャスト総替えも気にならない仕上がり。今作はラストまで描かれるということで期待しかない。
→視聴確定!



ひとりぼっちの○○生活 (○)

『じゃあ話しかけない方がいいかな!』
極度の人見知りで友達一人作るのも大変な女子中学生。この手の作品はわりとイライラしてしまうところだが、空気感やノリなど初回の印象は良かった。可愛いしハートフルだね。
→視聴継続



MIX (○)

『あの栄光の夏から30年』
30年後の明青学園、かつての栄光はどこへやらのまったり野球部で、野球センスを持ち合わせているであろう兄弟バッテリーがこの先どんな活躍を見せてくれるのか気になる立ち上がりだ。
→視聴継続



鬼滅の刃 (○)

『鬼になったら人間に戻ることはない』
愛しい家族全員が殺害されるというなんとも辛いシーンが待ち構える第一話。主人公をここまで追い込むかって感じの悲惨さだけど、少年漫画的な立ち上がりで状況はわかりやすい。
鬼になった妹を人間に戻すためには強さを身につける必要があるんだろうけれど、妹を連れ添いながらという点が物語にどう活かされるのかが気になるところ。
→視聴継続



ぼくたちは勉強ができない (○)

『今の言質取ったからね』
0話切りのつもりだったが一話を視聴。『五等分』は恋愛色が強かったが、こちらはギャグなノリが強く少年漫画的で入りやすい。相手にするのが二人という点もわかりやすかった。文系理系のどちらも魅力あるキャラで、全体のノリとテンポも良い感じ。もう少し見ていこうかな
→しばし様子見



Fairy gone フェアリーゴーン (△)

『お前は妖精を使える。存在自体が違法だ』
描きたいものは伝わってくるが、演出が下手。見せ場のシーンが数回あるが、いずれもアングルが平坦なのでインパクトが薄いんだよね。もし漫画原作があるなら、そこはこういうアングルでドーンって見せるんじゃね?みたいなツッコミを何度か入れたくなった。そうした面から作品全体への不安がよぎってしまう
→しばし様子見



八月のシンデレラナイン (○)

『女子硬式野球部メンバー募集しまーす!』
ところどころ間延び感があってそこまで詳しく見せなくても...というシーンが散見される初回だったが、原作ソシャゲでこの立ち上がりは良いほうかなと。柔らかで明るい空気感なのでスポコンさはまだ見られないが、どこまで飽きさせない作りが出来るのか要経過観測って感じ
→しばし様子見



ワンパンマン 第2期 (○)

『俺は奴より強い男を知っている』
一期が綺麗に終わったので蛇足にならないかと思えたが、一話の印象は良かった。相変わらずバトル演出は吸い込まれるものがあり、その裏ではギャグなノリが展開する。入りと抜きのバランスが良いんだよね。前期ではチラ見せ程度だったフブキの登場で期待が高まる
→視聴継続



異世界かるてっと (○)

『お前たち、授業の時間だ!』
4作品が一堂に会するギャグ作品ってことで、すべて知ってる作品とはいえギャグなら別に見なくてもいいかなと思えたが、思わず一話を視聴したらなかなか面白そうな雰囲気。
まだ集まっただけなので作品趣向は見えないが、作品別キャラたちの絡みは楽しみではある。特にエミリアとめぐみんはcv高橋李依ってことでどう料理してくるのか
→しばし様子見



キャロル&チューズデイ (○)

『足りないものを探しに行こう』
PV見る限りはオシャレアニメかな~と思えたが、実際オサレ空気はある。
家出お嬢様と跳ねっ返り娘の凸凹コンビによる音楽で繋がるガール・ミーツ・ガール。その第一話としてはこう描かれるよねって感じの安牌な仕上がり。それでも作画の良さと演出力で先が見たくなる作りだ。総集編での映画化を狙ってそうな雰囲気もあるなあ
→視聴継続



賢者の孫 (○)

『俺って規格外なの?』
ネット上では漫画版をネタにした嘲笑記事を目にしてきたので期待は薄かったが、一話はわりと楽しめてしまったw 何気に転生チート主人公モノのアニメはわりと見ているので、ネタや見せ方が良かったり、私的に退屈を感じなければ楽しめちゃうジャンルだなと。チープすぎる作品は切っちゃうけど。ひとまず出だし良しなのでこの先次第
→しばし様子見



さらざんまい (◎)

『欲望消化!』
一話の感想はただただ圧巻。これほど奇譚な内容を1話にギュッと詰め込んでくるってどんな才能だ?って感じで、ハチャメチャなんだけど世界観がバチっと届いてくる。主人公らの置かれた状況やさらざんまいのシステム、当面彼らが行なうであろう目的などこの一話だけで全部理解できる作り。盛り込んだなあw 幾原ワールドが進化して全開で押し寄せてきた感じ。すげーのが始まったわw ただ最近の幾原作品は1話のインパクトだけは凄いから初回で全肯定は難しかったりするんだよねえ
→視聴確定!



進撃の巨人 Season3 (第50話~)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星
※どちらも放送が2/28と遅いため割愛
記事タイトルの本数には含まず。



以上14本!
+5~6本は見たけれど一話切りを決めてしまった作品は取り上げずってことで。
さて、既に2話まで放送された作品もあるけれど、放送済みの分も含めて現時点での期待度上位は、

フルーツバスケット
さらざんまい
キャロル&チューズデイ
ダイヤのA actⅡ
鬼滅の刃
ワンパンマン 第2期

ここに『進撃の巨人』がトップで入る感じかな。
『フルバ』は原作と旧作アニメを知っている分、どうしても期待値が上がってしまうけれど、初回で見続けるか迷った人は数話見てから判断してもらいたい作品だ。
春クールは全体的にはやや薄い打線になった感じは否めないけれど、たとえ一話が○評価でも◎になりうるし、その逆もしかり。5~6話進んだ中間ランキングが本番とも言える。
今期も楽しいアニメライフを送れたら嬉しいな。




nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。